イデ・アイデア雑記ブログ 
  記事の上部テキストです 丈夫じゃないけど、、

2012年12月26日

メリークリスマス 2012

本日は、イデアの装飾に用いていたクリスマスツリーを片付けました。
今年は、丁度クリスマスの日程が医院のお休みになっていましたね。

手前の23日は祝日でしたが、田舎のお墓参りに行ってきました。
そのとき、お台場のレインボーブリッジを通過したのですが、昔のイメージと違うライトアップがされていて驚きました。

橋の開通当時、ワイヤーのライトが白色、緑色、赤色があるだけで、何がレインボーなんだろうと思っていたのですが、先日は橋の橋脚が上のほうがオレンジ色で真ん中が黄色、下の方は緑色になっていて、まさにレインボーでした。

驚いて調べたところ、すぐにこんな画像を発見

reinnbou121225.jpg

http://www.date-navi.com/odaiba/rainbow.html というページから、スクリーンショットを載せさせていただきました。

運転していると見れませんが、橋の下の方は青くライトアップされていたんですね!



そして、昨日はクリスマスの25日でしたが、私はイデアではなく千葉県松戸市まで診療に行っていました。その帰り道、高速で東京スカイツリーの横を通るのですが、このライトアップも昨日は特別なものだったようです。


20120731-3.jpg

 これは本来の「粋」と「雅」のライトアップですが、昨日は本体の下の方が赤くはっきりと光っていて、この両方ともまったく違う感じでした。

 「粋」の部分が赤く光っていて、それに加えて「雅」のライトも同時につけていたのかな??

 そして、その次には東京タワーの横を通ったのですが、こちらも特別なライトアップになっていました。

 DSC05016.JPG

 首都高は渋滞でしたので、携帯で撮影
 展望台部分がハートマークになっていました。 

 連続してスペシャルライトアップを見たので、ちょっと得した気分です。

 メリークリスマス!!!!

 と、UPしても、もう街からその雰囲気が一気に消えているのが、ちょっと寂しいですね。

 さて、今年も残るところあとわずか。師走という言葉の意味を、今ひしひしと感じて事務作業に追われています。

 

 
 




posted by Orthodontist Hajime FURUKAWA at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年12月17日

些末なことでありますが、 

siori3.jpg

瑣末なことでありますが、上の写真は直近に読みました森 博嗣さんの文庫です。

単行本と異なり、装丁の変化が少ない分、個々の「しおり」を工夫されていることに気づきました。

siori4.JPG

10冊のシリーズのうち、まだ4冊目です。
左から、「すべてがFになる」「冷たい密室と博士たち」「笑わない数学者」「詩的私的ジャック」のしおりです。

ここで、個人連絡です。A歯科のU先生! 先週貴院で仕事の合間に「笑わない数学者」を読んでいて「92ページで、結末がわかってしまったかも」とお話しましたが、やはり正解でした。まあ、前2作の謎解きは難しかったので、時折は単純なトリックを入れ込むこともファンサービスかもしれません。また、理解したのは「構造的トリック」のみであり、その背景にあった人物像に関しては、やはり小説ですので、最初からわかるはずもなく、読む楽しみはちゃんと残されていましたので、余談まで。

さて、些末なことですが「笑わない数学者」にこのような記載がありました
samatu2.jpg

本作では繰り返し、「些末なこと」という表現が出てきていました。

そして、その直後に読んでいたのがこちらの本

samatu3.jpg

海堂 尊氏の「ケルベロスの肖像」です。

こちらでは
samatu1.jpg

「さまつ」は 「瑣末」 と表現されています。

この、使い分けはどうしたことかと悩みましたが、、、、、

さまつなことなので、よくわかりませんでした。詳しい方がいらっしゃったらご教授ください。

と、いうことで、 

さまつさまでした・・・・




posted by Orthodontist Hajime FURUKAWA at 17:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年12月10日

12月の定点観測となりました 2012ビジュアルメディアEXPO

もう、12月ですね

121210-1.jpg

写真は単語帳の表紙を集めて作ったモビールです。
赤と緑なので、クリスマスイメージかなと思って出してみました。

121210-4.jpg


日に日に寒くなってきましたが、先週はパシフィコ横浜に行って、
ビジュアルメディアEXPO見て来ました
このところ、少し規模が小さくなってしまっていて残念です。

121210-5.jpg

写真はクレッセント代表の小谷 創さんです。
同じ「創」という名前をきっかけに、展示会の都度オハナシをさせていただいています。
普段は研究のことで話をすることが多いのですが、今年は経営者としていろいろ話をし、
応援してもらってきました。同じ名前からきっかけをいただいておりますので、
名づけた親に感謝ですねえ


丁度1年前の写真はホームページのトップで使っていますが、もうそろそろ変更の時期です
sub-photo1212.jpg

これが昨年の展示会のときの写真ですね。毎年夏冬に展示会で会うたびスナップをとりためていますので、W創の定点観測となります。夏前はビッグサイトで冬はパシフィコです。

******

さて、上のほうの写真ですが、展示会パンフレットの上にあるのが、最近読み終わった本ですね。

海堂尊氏の「スリジエセンター1991」と森博嗣氏の「すべてがFになる」ですね。

森博嗣氏の著作は今までは「スカイクロラ」シリーズを5冊目まで読んでいて、最終冊も今カバンに入っているところです。スカイクロラ購入は装丁に惹かれてのことだったので、大きいけれどもきれいな単行本でそろえてきています。

文庫の「すべてがFになる」は同じ著者でも全く書き味が違って別世界でした。また、久しぶりに一気読みしてしまいました。夜の10時11時から深夜2時くらいだったかな、、、とても面白かったです。
続きをまとめて3冊買いました

海堂氏の作品は、先月「ケルベロスの肖像」を読んでから、持っているものを最初から読み直ししていたところでした。時代が異なるいくつかの連作同士がからみあう「海堂ワールド」となっているので、どう読み解くかは皆違うのだろうと思いますが、私は

121210-3.jpg

チーム・バチスタの栄光
螺鈿迷宮
ナイチンゲールの沈黙
夢見る黄金地球儀
ブラックペアン1988
ブレイズメス1990
ひかりの剣
ジェネラル・ルージュの凱旋
モルフェウスの領域
ジェネラル・ルージュの伝説
(外科医 須磨久善)
ジーン・ワルツ
マドンナ・ヴェルデ
イノセント・ゲリラの祝祭

121010-2.jpg

極北クレイマー
極北ラプソディ
アリアドネの弾丸
玉村警部補の災難
ナニワ・モンスター
ケルベロスの肖像
スリジエセンター1991

の順番です。

ブレイズ・メスの最後でわかりやすく、先行きの不安を示しながら
スリジエセンターまでかなり刊行の間が空いたことは大変気持ちを高ぶらせてくれて
まあ、くやしいけれど、良い演出になっていたのではないかと思います。

そして、スリジエの直前に田口シリーズの最終巻:ケルベロスを読ませてくれていたところで
あの藤原さんのネガティブな面を最後に知らしめてくれ、

ううむ。

恐ろしい

最後に来て人物像のどんでん返しというか、良い人はいてもいろんな面があるということや
そうでなければ政治は進まないということや、いろいろいろいろ、思わせてくれますね

ネタバレは申し訳ないですが、
ブレイズメスの最後からわかっていたとはいえ、
最後の最後に一つだけ、やっぱり死にオチをされてしまいました。
でも、これは他の読者にもかならずわかるように書いてますから
ああ、やっぱりなあ、、、、というところでしょうね。
悪い意味ではありません。期待を裏切らない演出と感じました。


小説雑誌は読んでいないので、今後の著作予定は存じないのですが、

スリジエから極北の間をつなぐストーリーは2,3冊出ないのかなあ、、、




posted by Orthodontist Hajime FURUKAWA at 16:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 学会・展示会・講習会

2012年12月01日

治したもの 再UP 写真付

前回の日記に画像と少し付け足しです

******


気づけば今月ももう終わりそうです。あっという間に年の瀬。


121201ginza.jpg

写真は有楽町の富士ビル前の通りです



そんな今月はなぜか機械がたくさん壊れて、修理していた気がします。

121201soujiki.jpg

・日立の掃除機 CV−RS1 ピンク 
 機能 イデアで毎日働いている見た目はかわいいけれども、大変パワフルな掃除機
 現象 使ってしばらくすると高音域の異音が本体から発生する
 対処 メーカーでは預かり修理するといわれましたが、預けている間掃除しないわけにもいかんと、、、 だめもとで分解掃除しました。 本体側面のフィルターではなく、モーターの横にあるフィルターが原因だったようです。 洗って組みなおししたら、治ってしまいました。


121201eakon.jpg

・シャープのエアコン AY−T25SXとT50SX
 機能 自宅のエアコンです 100V普通と200V大型
 現象 フィルター掃除機能が上手く働かず、逆にほこりが溜まっている。フィルターも変形している。
 対処 本体の大掃除をするために、パネルを外しました。全面パネルやフィルターは取り説にも扱いがありますが、本体カバーは外せません。それではフィルター掃除機が邪魔になって熱交換器が掃除できないのは良い設計ではないと思いました。

 本体カバーは側面カバーをまず外さないとネジが出てこないのですが、側面カバーはロック部品だけでなく内部に少量ホットボンド様の接着剤をつけて固定されているので、目で見てロックを外しても取れないようになっていました。これはひどいよ、、、。

 でも、構造から見てがんばってひっぱっていたら、徐々にボンドが伸びて外せました。その後フィルター掃除機械も外し、熱交換器とクロスフローファンも歯ブラシも使って大掃除。
 変形していたフィルターはドライヤーで再度熱変形させてみましたが、白化現象となってしまっています。
 その後、起動確認しましたが、とりあえずは動いてます。でも、フィルター掃除機械のとりつけが最初からずれていたと思われ、ブラシが回転していなかったために周囲の埃を排出口まで送ることが出来ていなかった様子です。
 このエアコンはフィルターの取り付け指示も今ひとつで、どうもトラブル続きの機体でしたが、まだ使います。

*ノーベル賞の山中先生が洗濯機を治していたということに対抗したわけではないのですが、、、なんてことを先日ドクターズファイルの取材をしているときにも雑談していました。



121201minipci.jpg

・NECノートパソコン VersaPro TypeM 12インチビジネスPC
 機能 オーダー作成の高機能PCですが、起動などは遅く今のPCとは比較になりません。でも、CADを操作できるグラフィックを載せており、愛着のあるPCです。出先にはいつも持って行きます。

 現象 突然、無線LAN機能が使えなくなった。タスクトレーには「LANモジュールが適切に装着されていない」と表示が出てしまう

 対処 出先でしたが、まずは裏蓋を開けてMINI−PCIカードをの付け外し。再起動。何度かしても同じ症状でソフトからの対処できず、ハード故障と予測
 後に医院に戻ってから、受付で使用している同型機のLANカードを外して移植してみた。
 新しいハードウエアとして認識されてしまい、ネット上アップデートは失敗。本体のソフトウェアCDRからの読み出しでは時間がかかっていたが、結局失敗。移植もとのアプリケーションCDRからも失敗。
 再起動後、ハードウェアをどれで認識する?と出てきたときに、自分でミニPCIのa/b/gを選択した。「間違えていたら、パソコン壊れることもあるよ」と表示出るも、思い切ってOK押す。その後本体フリーズ。マウスも動かない。ドンだけ待っても反応なし、泣きそうになりながら電源長押し。

 でも、再起動したら確認表示など何も出ずにどんどん進んで、普通に認識していました。ああ、おどろかされました。


121201EMminipci.jpg

・イーモバイル D25WH 無線LAN親機
 機能 外出時に以前はカード型PHSを使用していたのですが、使用頻度も下がってきたのでプリペイドのLAN端末にしました。上記ノートパソコン用です。
 現象 せっかくノートPCが直って、認識がされているのに、なぜか回線がつながらない
 対処 サポートの方に教わりました。ありがとうございました。本体の設定ボタンを長押ししてしまうとセキュリティが変更となってしまうことがあるとのこと。結局本体を出荷時に戻す作業を行い、PCから入って接続方法の再設定も行なわざるを得ませんでした。でも、回復。


121201izennnokannji.jpg

@がノートパソコン本体です Aはセカンダリモニターです

・NECノートパソコン LavieGタイプM 上記ノートPCの同型機
 機能 購入当初、非常に良く壊れたが、繰り返しの出張サポートによって復活を遂げた。HDD以外の全部の部品が交換された後は具合が良かったので、1年後に同型機の購入(ただし、Versaになってしまった)に至っているほど良い機体。今は受付で使用されている。

 現象 「先生、パソコンが変なんです」と呼ばれ見に行くと、液晶取り付け部の外装がめくれ上がっている。液晶開け閉めが出来ない。

121201kansetubu.jpg


 対処 泣きそうになりながら、まずは分解。ヒンジ取り付け部の金属疲労による破断確認。かなり力がかかる部分なので、反対側だけを使用して開閉していたらそちらも近く折れてしまうことが予測される。溶接などでの修復は不能な位置。

121201hasetubu.jpg

 メーカーでパーツ確認するも、保守期間後とのことで対応不可。古いPCのため、中古機体もすぐにはヒットせず。
 そこで、机に穴を開けて縦に差込、液晶の開け閉めはしないことにした。

 机の天板は厚さ30mmで上下面共にメラミン化粧なので、非常に硬く、切り取るのは非常に困難でした。しかし、1日で天板穴あけと、机内部に落下防止の工夫をするところまで進みました。
 仮で大きなキーボードを用いましたが、あとはこれを小型のワイヤレスに入れ替えすれば延命手術完了予定です。この作業はなんと今日していました。ふーーーー。


121201tojitatokoro.jpg

手前のノートPCを閉じたところです。後ろにもう一つモニターが見えてきました

121201syuunouji.jpg

手前のノートの場所が以前の受付PC使用時でした。このPCをどけてあげると、、
後ろにキーボードが立っています

121201siyouji.jpg

現在、このようにして使用しています 以前よりもデスクトップが広くなった!

121201tukueana.jpg

キーボードをどけると机にいきなり穴が開いていることがわかります
緑の四角相当にノートPCの本体が差し込まれています。
丁度排気口は机上に出ているので、今のところ熱暴走などなく好調です。冬だしね




・日本テクト 楽タッチ 17インチタッチパネルモニター
 機能 イデアのモニターはほとんどこれです。映像の切替機とUSBの切替を駆使して、便利に使っています。
 現象 切替頻度の高いNo4のパネルが朝消えてしまうようになりました。切替を繰り返すと写るようになるという不具合から、メーカー修理に出しました。
 対処 代替機をお借りして、動作確認したら以前よりも明るくなって不具合も消えたので喜んでいたのですが、後に同じ現象が再発してしまうという事態に。修理サポートの方に連絡すると、先方でも不具合が発生しないので連絡しようと思ってたとのこと。
 あとはありえるのは切替機の不具合ということで、急ぎサンワサプライのモニターチェンジャー SW−EV4をアマゾンから入手 これも本日届いて交換したところ症状改善でした。

***
 
 と、思っていたら、代替機も同じ不具合発生!!!

 いわゆる「相性」と呼ばれてしまう機械的精度の誤差範囲と誤差範囲が運悪く相容れず、
だめな状況のようです

 現在、モニターのADボードを新部品に交換することで修復できるかどうか検討中
 どうやら温度が低い間は不具合が生じる模様で、朝しばらく具合悪いが、ヒーターを使用してしばらくすれば復帰するということが経験でわかり、あわてなくはなりました。



 機械に頼る現代社会は、便利さの半面、失ったときの不便さが感じられてしまいますね。
 文明社会の明暗というところでしょうか。

 写真はそのうちに追加予定としていたので、急ぎUPしてみました



 もう12月だ 大変だ 

 
 

 
posted by Orthodontist Hajime FURUKAWA at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
記事の下部テキストです 日経平均株価は底値で、、、