イデ・アイデア雑記ブログ 
  記事の上部テキストです 丈夫じゃないけど、、

2014年05月05日

PC情報 今年もGWは厳しい状況だった グラボのシステムトポロジ設定アンロードから地獄を見る

 PC情報の備忘録となります

 http://idea88.sblo.jp/article/82852186.html

 昨年12月にはWindows7で複数画面を操作するためにグラフィックボードのドライバー更新を行なった手順を記載していました。

 NVIDIAコントロールパネルの最初のバージョンは控えていませんでしたが、

Ver???

HP提供の 2.7.200.09 ではトポロジが存在せず 

ELSAからDLの 7.2.730.0 で トポロジが出現、適応

という流れでした。

*****

 今年4月のXPサポート終了に伴い、以前からのWindowsXPで構築されたシステムをやむをえずWindows7環境に移行してきました。

 しばらく前はXPのプライマリモニター、セカンダリモニターがアナログRGB
 Windows7のプライマリがDVI−D,セカンダリがアナログRGBとして使用。

 プライマリの切り替えはモニターの入力切替を使用し、セカンダリの切り替えにはよくあるモニター&USB入力切替機を使用しました。

 すると、なぜかWindows7のセカンダリは切り替え機を通すと表示が出なくなってしまう不具合が続き、いくつか試行した中では本体出力を一度8分配器に接続し、そこに切り替え機を接続することで対応をしてきていました。

 しかし、あまりに多数回分配と切り替えをしているために末端では画像が暗くなってしまう傾向にありました。また、切り替え機の映像接続部分に接触不良があり、仕事中に突然セカンダリだけがブラックアウトしてしまうことが時折発生するので、驚かされ、びくびくしながら使用しているという状況でした。

*********

 4月にはXPのマシンの デフォルトゲートウェイを変更してインターネット接続が出来ない状況にしていますので、次第に7マシンの使用頻度が高くなってきました。

 そこで、グラボの設定を

 XPマシン プライマリをDVI−D, セカンダリをアナログRGB
 7マシン  プライマリ、セカンダリ両方ともアナログRGBにしたら、環境が改善するのではないかと仮説を立てていました。

 また、それら操作時にはセカンダリの切り替え機の交換も予定していました。

************

 で、 最初にXPマシンのほうですが、まずはセカンダリ切り替え機とUSBを変更して動作確認

 タッチパネルは切り替え機のUSB代えたことで、再認識からしなければならないのでドライバーインストールから行い、動作確認、位置補正実行。

 デスクトップの配置調整をして、無事終了しました。

*********

 ここからが本題で、7マシンの設定変更では本当に地獄を見た感じがしました。

 まず環境を変更するので、コントロールパネルからEDIDの設定解除をしますが

 topol140505.jpg

 このとき、「あれ?」と思いました。前回設定したときには画面が違ったはず、、、、

 EDIDsample.jpg

 そう、このように内容は縦に並んでボタンで表示されていたのに、
 現況では横並びのタブになっています

 tabkakudai.jpg

 しかし、内容はほぼ同じでしたのでEDIDをモニタ1,2ともアンロードしてからシャットダウン

 本体直上の2面のモニターに、単純にRGBで直接接続してから、再起動してプライマリ、セカンダリともアナログでの認識が自動で進む、、、はずでした


 電源入れる、パソコンメーカーの表示出る、Windows7の起動画面出る、一度画面真っ暗になる

 画面真っ暗

 画面真っ暗

 HDDは動いている様子で、動作ランプついていますが 画面真っ暗

 画面真っ暗、、、、

 ログイン画面が表示されません

 *********

 一定時間待ちましたが、状況変わらず、CTRL+ALT+DELとかも反応無く、

 電源ボタン長押しで終了

 再起動

 *********

 単純再起動するも、同じ状況真っ黒な画面に

 真っ黒な中、キーボードでパスワードを入力しエンターしたところ、

 真っ黒な画面にマウスの矢印だけが表示されている。マウスには反応していますが画面は出ません


 *********

 電源長押し(ああ、もうぜったいやりたくないのに)、再起動、セーフモードで立ち上げるも、
プライマリモニタにデータ開き中のダイアログがだだだだーと流れるも、途中で止まったままになってしまいました。

 *********

 電源長尾氏終了、一度グラボを交換して接続してみましたが、やはり画面が出ません

 *********

 ああ、このマシン、お亡くなりですか??と悲しい気持ちになる

 *********

 もう、打つ手が無いとも思ったのですが、あきらめずその後も作業継続

 Windows7のインストールディスクを準備して、DVD起動、インストールの途中から修復メニューに

 修復、1時間以上かかってました。

 待つのが長く長く、非常に怖く感じました

 すでに4時間くらい作業時間経過してます

*********

 しかし、修復が進み、再起動にて通常のWindows7表示が復活!!!!万歳です

********

 怖いので、フルバックアップをとったのですが、これも1時間はかかってしまったと思います。
 Cドライブのデータ量はそれほどでもなかったはずなんですが、最初から外付けのHDDにデータを残させていたことと(USBも1.1だったので、、、)、同時にRAIDコントローラーが修復確認作業を行なっていたようで、途中で「検証終了、OKです」って出てきていました。

*********

 さあ、フルバックアップがあれば、最悪の場合クリーンインストールで復旧できます。時間がかかり疲れましたが、ちょっと恐怖が減りました。最近のマシンだとクリーンインストールもそんなに時間がかからないものです。

********

 で、グラフィックのコンパねでEDIDをエクスポートし、ロードしてからシャットダウン

 それから映像出力を切り替え機、分配機のシステム線に接続して再起動

 Windows7起動画面おっけーーーー

 で、

 で、

 真っ暗のまま

 チーン

**********

分配器を外してモニター直結に戻しても、、、

真っ暗のまま

ちーーーーん


************

 折れましたね

 完全に心から、一度は折れました

 ま た か よ

 でも、さあ、どうしようか

 真っ暗な画面でもパスワードを入れたらウィンドウズの音が聞こえました

 画面は真っ暗ですが、マウスの矢印だけは動いていますので、画像出力の不具合に関して何かある状況で、PC自体の問題ではない、そう信じたい状況でした

 *********

 で、画面なしでもキーボード操作でALT+F4などからシャットダウンを試みたのですが、それはうまく出来ませんでした。

 *********

 だめもとで、他のPCからチームビューワーで入ってみたところ、なんと、チームビューワーにはちゃんと2画面が表示されていますし、動作にも不具合がありませんでした!!!

 電源長押しではなく、ウィンドウズマークからきちんとシャットダウンに成功!

 これはすごい発見だと自画自賛しました!


 今後、グラボの作業をするPCの場合、事前にチームビューワーなどのリモートソフトを事前にインストールしておくことを強くお薦めします!

 *********

 再度モニター直結で通常起動

 画面表示出ました!ログインしました!おおーー昔と同じ画面だ!!!って、数時間前には当たり前だったことが非常な喜びでした。苦境に置かれると些細なことでも大いなる喜びです。

 で、モニターのEDIDをアンロードしたところ、片方の画面が真っ暗に

 ここで、両方の画面を操作するのではなく、一度再起動をかけました

**********

画面2枚とも表示が出ますので、ここで直結していたモニター線を分配システムにつないで見ましたところ、ちゃんと表示が維持されました!

この状態で、分配表示が出来ているモニターのEDIDをエクスポートし、さらにロードの設定を行なってから、再起動


******

今度は2画面とも出ています!

同じようにもう一枚のEDIDをアンロード、画面真っ暗、再起動、表示復活、分配システムを接続、表示確認、EDIDをエクスポート、EDIDのロード、再起動

として、作業は成功しました。2画面とも分配システム成功です

ああ、話が前後しますが、EDIDのロードをする際に、

NewversionLoad.jpg

ここを「VGA」にしたら、不具合がなくなるのかな?と思ってやったら、大失敗でブラックアウトでした。

やはりDVI−デジタル を選択しなければいけなかったのですが、グラボ自体にVGA端子がないのに、このような選択肢が出る仕様は改善していただいたほうが助かります。

ELSAの方、もし、気がついたら参考意見ですが、御願いします


*******

で、それから再度、グラボを交換して同じ作業をやりなおししました。
グラボ交換後、また血圧が上がりそうでしたが、ちゃんと表示がなされて助かりました。

そして見直してみると、これらの不具合はNVIDIAのコントロールパネルがいつのまにかバージョンアップしていたことも関係していたかもしれません


7.2.730.0から

Ver757600.jpg

7.5.760.0 にいつのまにか更新されていますね

はーーー疲れた

 最後にELSA社に行ってみたところ、

ELSANewestdata.jpg

 リリース日 2014.3.14 のホワイトデーに最新版がリリースされていたみたいですね

 いやあ、、、、まいりました 

 3月前半に作業しておけばこんな苦労しなかったのかもしれません

*********

 その他、同時作業をしていて 

・USBハブにつないだデジカメを7マシンが認識しなくなる不具合
・SurfaceProに切り替え機を介してつないだキーボードが日本語対応にならない不具合
・SurfaceProの本体キーボードが認識されなくなる不具合
も発生、今後対応を予定

また、Win8にタッチパネルドライバが走ってくれるかも今後の検討課題です

本当だったら連休の合間に新しいCADの操作を覚えて今度の日矯の抄録を準備しようと思っていたのですが、 このトラブルで消耗してしまい、できないかも〜〜〜

はてさて、どうしましょうか


  
posted by Orthodontist Hajime FURUKAWA at 12:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年05月02日

こどもの日を目前にして 32年前のETを思い出す

 いわゆるゴールデンウィークの中日です。
もうすぐこどもの日ですね、ということで

DSC05552.JPG

こいのぼりの自作モビールとフレンステッドもびーるを待合室に出しています。

さらに、(半分だけ)手作りおもちゃですが

DSC05530.JPG

本の型紙を切って

DSC05537.JPG

まげて、糊付けして

DSC05543.JPG

作ったペンギンは

DSC05545.JPG

押しつぶすと

DSC05544.JPG

こんなふうになってから、

DSC05547.JPG

跳ね上がって、元の形になります。動力はふつうの輪ゴムでした。

********

さて、先日見たネットのトップ画面、4月28日ですね

140428TOP.jpg

ニュースのトップで写真付の記事があります。
見出しの下には
「発掘された!伝説の”??ゲーー”」(一部自粛)とあります

何か手にゲームカセットのようなものを持っている写真なんですが、
このカセットに見覚えがありましたのでクリック

ATARI-ET.jpg


記事内容としては、1982年の映画「E.T.」にあわせて作られたゲームが、非常に出来が悪く、それが原因でゲーム市場が崩壊したということ。その最悪のゲームが見つかったというだけで、こんな大きな記事になってしまうなんて、、、、

でも、 理由  プレイした大人なら わかります

今でも思い出してしまうくらい、ひどいグラフィック

ぜんぜんETに見えない茶色のポリゴンが 黒い背景の中を左右に移動して
穴に落ちて、部品を拾って
それから外に出て電話をかけて、、、でもUFOこないじゃない

っていうところまでを覚えてます

映画があんなに素晴らしい記録となったのに、どうして、どうしてゲームの内容が劣悪だったんでしょう。

いまだとゲームが人気だったからアニメ放映がされるというくらいに、ゲームの画像クオリティが高いですし、その効果も知られているのでゲーム発売の前に映画監督やどなたかのOKもらうと思います。

昔は昔、、、4ビット8ビットの時代だったからと言うのは物のせいにしすぎで、やはりゲームストーリーが貧弱だったと思います。はっきり言えば手抜きかな。映画のブームにのっかって売りつくそうとして急に発売した粗悪品だったんでしょうね。

1982年、、、今から32年前か〜 私もこれでATARI家庭用ゲームをやめた 一人でしたね。

昔話ばかりですいませんでしたー。

皆様、ステキな連休をお過ごしください











posted by Orthodontist Hajime FURUKAWA at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
記事の下部テキストです 日経平均株価は底値で、、、