イデ・アイデア雑記ブログ 
  記事の上部テキストです 丈夫じゃないけど、、

2014年08月25日

お盆明けの近況となりますが、、、 ISDORLY はなんと読む?!

お盆明けから夏休みの終わりまでは、お休みだった分もあって診療が込み合っております。
さらに、今年の暑さは微妙に体力を奪っていくような気がしますねぇ。

MOGU-Project.JPG

おとといの土曜日には二子玉川での

DSC05683.JPG

多摩川花火大会も開催されました。 武蔵新城の駅近くからでも、半分くらい隠れてしまいますが見ることができました。


*****************



さて、前回お盆期間中には知人の「アイドリー矯正歯科」さんご開業の紹介をさせていただきました。

http://idea88.sblo.jp/article/102432538.html

「勝手に載せちゃいました」とメール報告をしましたところ、この「アイドリー」というお名前は川島先生がお考えになったお名前で、「isdorly」と 綴るんだということなどを伺いました。

カタカナ読みすると「いそどるるりー」と読みそうですが、「アイドリー」と読まれます。

中学英語で「島」を「アイランド:夏夏夏夏とこなーつ あいあいあいあいアイランド==」という歌と一緒に「ISLAND」とつづることを覚えさせられたことを思い出します。「イスランド」ではなく「アイランド」と読むこの2文字目の「S」は発音しないSですね。

(念のためですが、「ふたりの愛ランド」(ふたりのあいランド)は、1984年に発表された、石川優子とチャゲによるコラボレーション・シングル。です・・・というのはWIKI転載で申し訳ないです)

これと同じで「いそどりー」ではなく「あいどりー」 と読む理論です。

 さて、この「アイドリー」という単語は造語にあたりますので、ネット検索ではまだヒットしません。逆に言えば、検索にヒットするようになれば間違いなくオリジナルとしてヒットするようになるということです。 近年では「矯正歯科」という単語に対する検索率UPをするために、広告業者さんたちが尽力したり、対価を支払ったりして企業努力をされていることを伺い知りますが、本来の医業はそのような広告的な努力をせずに成立するべきだと期待したい私としては、このようにアイデアで検索率UPするということはとても良い考えだと感じます。

 140816検索結果.jpg

 まずはGoogleで2014/08/16に検索したページです。
 4,5,6番目がこのブログになっていますね

 次いで、2014/08/20に OCNトップページから検索したところ、3,4番目がこのブログとなっていました。

 1408200検索結果.jpg

 さらに、数日後、2014/08/25 に Bingで検索したところ

 検索140825.jpg

 2,5番目になっていました

 最近の検索エンジンは日夜休まずにというか、機械だから当たり前なのか、レスポンスが早くて驚きますね

 これからメインホームページを作られるそうですが、UP後にはどんどん検索数が増えていくのが面白いでしょうね。

 ***************

 そういえば、昔「だそぼ:ダソボ」という単語を検索したら、自分のページが出てきて驚いたということをUPしていました。これも造語に近いんですね。

 まず http://idea88.sblo.jp/article/41514050.html を ご覧ください

 そのレスポンスが http://idea88.sblo.jp/article/41558644.html です

***********

 そんな余談はおいといて、

 川島先生のメールを読みますと

「 発達期の矯正治療を技術的に考えると、小児歯科医にないものはたくさんあります。しかしながら、矯正医にたりないものがあるのもこれまた現実です。

そこを埋めるのが私の仕事と考えております。できれば、私が、咬合治療に関心のあ る小児歯科医と発育期の矯正治療を中心に咬合治療をしている矯正医との”つなぎの役目”をと考えております。

例えば、乳歯の抜歯ひとつでも、非常にテクニックがあります。成人矯正で、正中を合わせるために、抜歯を考えるケースもありますが、これは、時として、発育期の歯科医の行った抜歯や経過観察が、誤っている場合もあります。外科的萌出時(矯正力をかける牽引時)に辺縁歯肉の退縮を最小限にする方法など、など、また、お話ししたいですね。 


 と。


私を知っている先生方や医療スタッフ、私の治療を受けている、イデアを良く知っている患者さんたちでしたら、この文章を読んで「ん????」と思われたのではないでしょうか。

 そうです、どうも、私の診療に近いものがありますね。

 どうやら、私たちが知人となったことは偶然のはずでしたが、10年たってみると必然だった様です。

 このようなポリシーでの診療姿勢は、本当に治療を求めている患者さんにとっては助けになるものですが、そのオフィスを運営していくことには多くの苦難が待ち構えています。
 それでもやりたいし、やらなきゃいけない、そう思ってこれからも診療に携わるのは川島先生も私も似ているんでしょうね。

 DSC05686.JPG


 がんばりましょう!!!!
 
 


 
posted by Orthodontist Hajime FURUKAWA at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年08月15日

アイドリー矯正歯科 ご開業のお知らせ

 お盆休みの最中ですね 皆様いかがお過ごしでしょう
 今年は暦の関係もあり、診療予約が1週間以上あいてしまう状況です。帰省時や旅行先で装置の紛失や破損など無ければよいのですがと、毎年少し不安で過ごしています(でも、雑誌のタイトルみたいですが「心配してるほどのトラブルはそう起きない」もんです)。

 さて、そんな中、用があってメールを開いたら、本日知人の先生のご開業のお知らせをいただいておりましたので、急ぎご紹介させていただきます。

 まず、先生の名前ですが、 

 川島 成人 (かわしま しげと)先生

 日本大学の歯学部ご出身で、その後医局は小児歯科に在籍されていましたが、矯正の学会にも出席されており、顔見知りとなった「学会友達」の先輩先生です。

 小児の小下顎や無呼吸、舌運動を研究されていましたので、Tonsil(咽頭扁桃腺)のトレースなどを教えていただいたこともありました。

 その後、順天堂大学にも在籍され、このたび 神田駅前に「アイドリー矯正歯科」をご開業されたそうです。まだネットの検索ではホームページは出てきませんが、勤務先の一つであった長野市の「神津歯科クリニック」さんのHPから 平成26年8月9日がご開業であると掲載がありました。
 千代田区内神田3−22−4 花喜久ビル 4F 03-6206-4806 が連絡先となっております。

 小児からの矯正治療に関してはベテランの先生ですので、優しく指導をしてくださることと思いますので、お近くの方がいらっしゃいましたら、ぜひご相談のご予約をおとりください。

 以上、アイドリー矯正歯科 ご開業のお知らせでした。 

 川島先生!ご開業おめでとうございます。暑いけれどもがんばってください!!

 

 

 
posted by Orthodontist Hajime FURUKAWA at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ
記事の下部テキストです 日経平均株価は底値で、、、