イデ・アイデア雑記ブログ 
  記事の上部テキストです 丈夫じゃないけど、、

2017年11月14日

第7回SKO会と脚立(高)

先日の日曜日、第7回のSKO会に参加してきました
といっても、「SKO」ってなんの略で??ですよね

東京医科歯科大学 スキー部 OB会 を SKO会と称しております。

OB会も規模が大きくなって、部への寄付等の為に会費も集めるようになってきますと、きちんと法人格的に会則が作られ、会計や監査も置かれるようになりますね。

DSC07712.JPG

もうずっとスキー場への応援には行けていないので、こんなかっこいい部旗があることも知りませんでした。
隣はプライム矯正歯科の割田先生 http://www.prime-kyousei.com/10message/ ですね
私が所属した頃のスキー部からは、かなり矯正への進路を選んだものが多いのですが、その原因のひとつには割田先生が尊敬されるかっこいい先輩だったからに違いありません。

講演会では うちはら内科クリニック の 内原 正勝先生 http://www.uchihara-clinic.com/doctor
が「ヘリコバクター・ピロリ菌と胃がん」の講演を

千駄木あおば歯科 の 矢田部 優先生 http://www.geocities.jp/aoba_dent/specialist.html は「歯の欠損と修復」の講演をお話くださいました。

DSC07689.JPG
土曜日に患者さんたちによる飾り付けが進み
DSC07717.JPG
残るはこれだけに


その後懇親会にも出席させていただきました。医科歯科出身でも、ずっと医科歯科にいるとは限らず、他の大学に出られて教授となられている先生方も多く、3DCTについての研究の話などをさせていただいたりもしました。

部報の原稿にもありましたが、近年の医療は専門化が求められている一方で、患者さん自体がかかりうる疾患の範囲は広くあるものですから、縦にも横にも人のつながりは合ったほうが良いでしょう。そういったときに、部活のつながりと言うのは垣根が低くなり、とても貴重なものになるものですね。

DSC07688.JPG
飾る前から
DSC07716.JPG
少し飾られてきました シンプルもよいけれども、色味があるのもかっこいいかもしれませんね

という、イデア近況なのですが、個人的にはそれ以上にいろいろと、いろいろと

学会報告やら、雑務をしようとイデアにきたら、「ぴーぴーぴーぴー」と院内からブザー音

細かい話を書くのも長くて下手なだけなんで、結果からにすると、防犯カメラのACアダプターを交換して事なきを得ました。

しかし、その結果を得るために、どたばた、がたがた、天井点検口も設定してあるのですが、それ以外の部分で何枚か石膏ボードを外して、接続状況を確認したり、階下にブザー音が響かないかと心配したりと気をもみます。

カメラのACアダプターをまずは交換、状況回復を確認しました。パソコンケーブルやUSBなどの余りをカバンにいろいろ入れていたら、いつのまにか3−4日出かけられそうな膨れ具合になってきているのですが、さすが、それだけあると予備のアダプターも常備ですね。

その後、一度天井を閉じて、落ち着こうかなと照明を落としましたら!なんと!!「ぴーぴーぴーぴー」と
再度ブザーが鳴るなる(法隆寺)です。

「どうしてだよーーー」と見ますと、回復したのではない、別のカメラ画像が途切れ途切れになっていて、ビデオロス警報が出ている状況。
同じACアダプターを何個も使っていたので、大体同時期に劣化が進んできていたのでしょう。照度が下がったときの画像出力の補正出力には電源供給が不足してしまうということの様子。そういえば、しばらく前から、画像がちらちらしてきていたなあと、思い当たる節もあり。

しかし、予備のアダプターは4個も5個もは持っていません。取り急ぎ、本来1Aでも充分なのですが、3Aに交換を進めて回復を得ました。

また、AC5.5-2.1mmの2又分配も用意してあるので、もうひとつアダプターがだめになっても、3Aの2分配で対応を図るものですが、やはりこれを期に古いアダプターは変えておくのがよいのでしょう。アマゾンプライムで注文を出しました。

というところで

「アマゾンプライム」からの「プライム矯正歯科:割田先生」の話に戻ります。
丁度、懇親会のときに 成川 史子先生 http://www.narukawa-dental.com/staff.html と割田先生がいるところで話をしていたときに「毎日アマゾンの荷物、何回も持ってきてもらって」といった話があって、そのときに「先日もプライムで助かりました。パソコンの不具合だ、HDD交換だ、すぐプライムで」といった話をしていましたので、、、

壁に耳有だったのかなあ

本体設備よりも先にACアダプターがだめになるものだとは前にも言われていたのです。医院ではパソコンのACアダプターや、液晶モニターのACアダプター等で何回か交換によって回復を得た電気製品がありますね。

で、不具合は昨日、今日で判明したのですが、ACアダプターは明日とどきます。
点検口の近くのACはあと2つわかっているのですが、もう2個くらいどっかにあるはず。
となると、もう少し頭をつっこまないと見えないので、背の高い脚立を持ってこなければという現状です。

まあ、階下の先生には連絡して、状況うかがったのですが、幸いに先生の部屋でも、受付や待合室でも気になるオトは響いていなかったそうで、助かりました。

雨ですねえ、、、ちょっと作業モチベーションが下がっておりますが、一つずつ進めております。

DSC07711.JPG

 近年、こういったトラブルを避けるために、また、アナログ画像からデジタル時代になっておりますので、1本のケーブルに供給電飾と画像出力を両方乗せるシステムのほうが一般的になってきています。
 そうすると、初期投資として「画像変換と電力供給」機が必要になりますし、設備は大型化は一度はしますが、「ACはどこから取り入れてたっけ??」などという修復トラブルは減るものですからね。
 次回、医院移転があるときには、新システムに入れ替えたいです。アダプター劣化による本体不具合、ほんとに嫌です。
posted by Orthodontist Hajime FURUKAWA at 17:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181573145
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
記事の下部テキストです 日経平均株価は底値で、、、