イデ・アイデア雑記ブログ 
  記事の上部テキストです 丈夫じゃないけど、、

2019年08月29日

2019 夏休みの宿題で 東矯レポ2

夏休みも終わりになりますが、昔の宿題や自由研究の定番の一つに天体観測ってありましたよね

IMG_0099.JPG

夏空よりも、冬の方が湿度も低く、観察はやりやすい気がします。でも、小学生が夜夜中まで寒空の中で観察をしていて、風邪引いたらどうするの、とか、
寝苦しい夏の夜に、早寝できないときを有効活用するとか、そんな側面もあったのでは?と邪推

IMG_0100.JPG

上の黄色い表紙の本は、私が幼稚園あるいは小学校の頃に読んでいたと思います。あえて、表紙のデザインを変えずに売っているのでしょう。 「おとうさん、覚えてるかい?僕は覚えてるんだけど、、、」って感動して伝えたい気持ちもありますが、伝えたところで「うーん、そうだっけ?覚えてないなあ」と味気ない返答になるであろう事も想定の範囲内となりますね。

1969年発行 !! 御年なんと50歳ですか、、、、2018年には第90刷だそうで 福音館書店さん、稼ぎましたね。

翻訳本で、著者はHAレイさん、ってことは 海外でも売っているんでしょうね。
海外でも「おかあさん、これ、覚えてる?」って会話があるのかも。
WEBの時代になっておりますが、やはり実体のある本、価値があるものでしょう。

DSC_0310模型暗く縮小.jpg

さて、夏の宿題は来年の発表に向けて、立体写真のカメラ調整中

DSC_0248縮小F56.jpg

手に持っている3Dプリンター模型には CADで作成されたIDBコアを装着しています。

写真の中央の黒線、レンズの絞りによって、また、レンズの焦点距離とフィルムサイズによって変化するのですが、上の写真はF4で、下のはF5.6での違いです。

DSC_0310スナップ用.jpg

この写真を拡大、トリミング、修正かけたスナップですが、

2018tirasi.jpg

こちらのプレゼン資料に用いるようで、準備しました。
今年の日矯では、今までずっと続けてきていた3D分析、シミュレーション、インダイレクトボンディングなどの経験を活かしての、カスタムブラケットを用いた治療の症例を案内させていただく予定です。

で、今日の本題は、東京矯正歯科学会の参加レポート
当院の専属画家さんの報告となります。(受付のOさん分ですよ)
DSC09054.JPG

東京矯正歯科学会に行ってきました。
今回の先生方の発表は専門的なことが多く、大変難しく感じました。
分からないなりにおもしろいと思ったのは『発音音声の零交差数分析・MFCC解析による低位舌識別の検討』という発表でした。

患者さんにも多い低位舌ですが、舌の位置というものは口を閉じてしまえば見えないですよね。お写真を撮るときに舌を前歯に押し付けている人はわかるのですが、そうでなければわかりづらいものです。
レントゲンで舌の位置を確認することはできますが、毎回撮影するわけにはいきません。

正しい舌の位置とは上顎のザラザラしたところにピトッとくっついてるのが理想です。
しかし舌の位置とは無意識なもので、意識して正しい位置に置いていても、話すときや飲食するときには正しくない位置になってしまうことが多いです。
イデアで舌の練習などしますが、やはりお口の中のことは見えづらいですね。

そこで、この実験ではお口に装置をつけて喋ることにより発音音声を分析して低位舌かを判断するというものでした。

実験の詳しいことはわからなかったですが、見えない口の中の舌の位置がわかるなら便利ですよね。
イデアで舌の練習をしても先生はお家についてきてくれないし、自分で1ヶ月も自主練するのは大変ですよね。
もしこの装置が進歩して、実用的になったとしましょう。低位舌になったら『ピピピ』と腕時計なんかにお知らせがきたらすぐ気づいて舌の位置を意識することができて…常にトレーニングの意識が持てるなんて素敵な未来ですね。

Sさんがレポートで自分自身で行う治療のことを書いていましたが、治療自体はプロにお任せすることをオススメしますが、トレーニングや普段の心がけなどは自分自身で行うものなので、それをサポートしてくれるものが世の中に出てくれば大変便利で助かりますね。そんな装置ができるのも近い未来な気がしますね。
とは言いつつ、まだまだ実現はしないので頑張ってトレーニングや日々の生活を気にして頑張りましょう!!!!



と、昨晩届いていた顎変形症学会の29巻第3号、令和元年8月号を先ほど読み終わりました

190618.JPG

新潟大学の矯正、齋藤 功先生のところで、阿部 遼先生の論文
「超音波診断装置を用いた骨格性下顎前突症患者の嚥下時舌運動様相の検討」というタイトルです

X線、圧センサー、超音波ETCの計測法がありますが、丁度引用文献の5番が アイドリー矯正歯科の川島先生のペーパーでした 「舌運動の評価に関する基礎研究ーX線テレビ、超音波および圧力センサーによる観測」1993年ですね。

それから、ついさっき、業者さんが持ってきてくれて、もう読み終わったのが
2019年6月発行された「口腔習癖:見逃してはいけない小児期のサイン」という医歯薬出版の雑誌、河合 聡先生です。

タイミングよいですね。

それから、アマゾンプライムで、「宇宙兄弟」見ながらお昼です!!! まだ36巻読んでませんが、目の前にあります!!!
posted by Orthodontist Hajime FURUKAWA at 13:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186488104
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
記事の下部テキストです 日経平均株価は底値で、、、