イデ・アイデア雑記ブログ 
  記事の上部テキストです 丈夫じゃないけど、、

2020年04月26日

顎変形症学会 大会内容変更に関して

日々変わりゆく状況ではありますが、当初期待していたように早期解決には至らなそうな状況のコロナ禍です。

IMG_0861.JPG

オリンピックも延期となりました。

年初めから春にかけての展示会は一部は行われていたのですが、不安に伴い日々活気が削がれていくこともあり、参加は見送っていたので、先端情報には触れられずさみしい気持でおりました

ですが、ちょうど学会の発表に先立って、提出しなければならない演題抄録の締め切りも重なっておりましたので、そちらの作業を進めていたのですが、、、、

先日顎変形症学会からメールが届きました

IMG_0717.JPG

◆第30回特定非営利活動法人日本顎変形症学会総会・学術大会 採択通知◆

この度は演題登録をいただきましてありがとうございました。
ご登録いただきました演題は、次のとおり採択されました。
---
登録番号:10011
演題番号:P-1-2
演題名:顔貌三次元計測データを両眼立体視により認知するための出力環境を検討する
所属機関部局名:イデア矯正歯科
筆頭著者名姓:布留川
筆頭著者名名:創
採択セッション:示説1.三次元計測
---
第30回日本顎変形症学会総会・学術大会 開催形式変更についてのお知らせ

第30回日本顎変形症学会総会・学術大会につきましては、講演会場の収容人数の調整を
はじめとして感染対策に十分配慮しつつ開催する方向で鋭意準備してまいりました。
しかしながら、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大が依然として予断を許さない
状況にあり会員の安全性に配慮した場合、通常開催は困難と考え理事会において協議して
いただきました。
その結果、インターネット(ウェビナー;Webinar)開催に変更することといたしました。
会員の皆様方のご協力によりまして、特別講演、シンポジウムなどはもとより、一般演題に
つきましても170題を超えるご登録いただきましたので、準備いただくご演題を会員の皆様方が
可能な限り視聴できるよう上記ウェビナー開催に変更することとした次第です。

つきましては、一般演題の発表者の皆様へ、ウェビナー開催にあたりまして下記のとおり
お願いを申し上げる次第です。


IMG_0864.JPG

やむを得ない状況でありますが、ウェブ学会に内容変更となってしまいました。

今回の発表は、「将来のWEB環境でのデータ活用をよりよくするための取り組みの一つ」 を提案し、狂乱する供覧する目的だったのですが、現段階でそのような活用をされることが少ないからこそ、発表するものです

なので、ウェブ上での発表がまったく意味がないということではありませんが、伝えたかった事は一切実感、体感してもらえることは無いものですので、、、

IMG_20200418_020649_7.jpg

悩みましたが、演題は取り下げることにしました

いやあ、3-4日、連続して夢をすごく見たんですよ
長い夢なの、けっこう細かいの、毎日学会発表の夢
発表の時に機材がそろってないとか失敗もあれば
特に悪いことではなく、でも話したい人と話せなかったとか

やー、すごく悩んでたんですよねえ

今年ウェブ発表して、来年も発表すればよいじゃないですかと思う方もあるかもしれませんが
商社の商品展示会と学会発表は趣旨が異なるものであり、まったく同じ発表を繰り返し行うことは認められていないものなのです。

IMG_20200418_021519_4.jpg

2005年からは顔貌写真を三次元撮影してきているので、もう15年ですねえ
同年既に日矯で発表してましたねえ 結構長いなあ

この時にはすでにCADデータの表示を立体視での認識を行っていて
同年のラウンドテーブルディスカッションでも案内していましたね

2009年には3D-CADデータの立体視も出していてそれ以降は
3D映画の一般化に伴い当たり前になるかと思いきや
すぐには一般化しませんでした

IMG_20200418_021536_3.jpg

近年はスマホを利用したVRゴーグルも多くなりましたし、上の写真に示していたのは、
PS4のVRゴーグルですが、一般的な家電としてもかなり安定供給されてきたものですので
動画でのコンテンツ化も含め、試用始めていたんですけれどもね、、、

ちなみに、新品で購入したのに、レンズの保護フィルムをはがした段階で
レンズ表面に色ムラがありました

メガネ拭きではきれいにならず
アルコールで清拭しても状況改善せず、

メーカーサポートとチャットで相談もしたのですが
本体確認したいから送ってくれという対応で、、、

でも、よくあるディスプレークリーナーを使ってみたら
あら、なんと! 
きれいさっぱりになりました
スマホの保護ガラスについてくるあれですよ

一応、使用して良いかサポートの方には伺ったんですが
会社としては「ものを見せて」しか答えられないマニュアルで、
それも仕方ないのでしょうけれども、、、、

まあ、うまくいかなくってレンズのコーティングが解けちゃったりしたら大変ですもんね

と、まったくの余談でしたが

今年の顎変形症学会での発表は行わなくなりました
大変残念です
また、日ごろ共に臨床も行い、研究も行い、互いにアドバイスをくれていた
共同演者の方々におかれましては、筆頭演者の独断で演題取り下げとさせていただくことを
この場をお借りしてお詫び申し上げます。

また、社会情勢が変化して、発表できることになりましたら
ご一緒願います。

そのためには、コロナ禍の終息を願い、皆が行うべき行動をよく考えることしかないものでしょう。
日々悩みますね、、、
posted by Orthodontist Hajime FURUKAWA at 16:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 学会・展示会・講習会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187425852
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
記事の下部テキストです 日経平均株価は底値で、、、