イデ・アイデア雑記ブログ 
  記事の上部テキストです 丈夫じゃないけど、、

2013年04月25日

顎顔面同門会 講演会 「すべての治療が終了した先天異常症例」

2013/04/25 Thu

本来は診療日でしたが、夕方から休診として講演会に出席させていただきました。
手前の患者さんが診療アンケートをお持ちくださっていたので、その内容についていろいろとお伺いしていて予定が延びてしまい、本来は良くないことですがやむ終えない状況で15分遅刻してしまいました。

講演会場は東京医科歯科大学歯学部の特別講堂でした。

講師の先生は 鳥飼 勝行先生 です。口蓋裂手術に関してはまさに右に出るものがいないと称してもだれも否定できないすばらしい先生でしょう。2012年の口蓋裂学会での講演も拝聴させていただきました。
 すばらしい経歴をお持ちですが省略、現在はふれあい横浜ホスピタルに所属されていらっしゃいます。

 講演内容は「すべての治療が終了した先天異常症例」ということで、旧来からの手術術式とその予後、改良されてきている各種術式との比較などを実際の症例写真ならびに術式シェーマを供覧していただきながら、1時間半の講演でした。

 今回トピックとなっていた疾患類は個別の症例によって内容が大きく異なるために、治療術式を基準化できない部分もあり、非常に難しい症例として捉えられます。
 個別に対応するためにはまずは旧来からの術式を完璧に近く施術できる基本技術を修得した上で、術式の工夫、あらたな術式の考案までが必要となるものであり、それらを実際に行なってきて、かつ、客観的にすばらしい成果を残されているのが鳥飼先生です。毎年のように口蓋裂学会にも参加してきたのですが、今回の講演で初めて見せていただいた術式もあり、驚きました。

 私もしばしば思うことではあるのですが、各種疾患に罹患することはそれがすべて不利益な不幸だと捉えるのではなく、疾患との対応を通じて社会とのかかわりを持ち、知識を得、自分の将来につなげる何かがあるはずだと考えます。

 説明が概念的でまどろっこしいですね。
 
 例えばですが、矯正治療が必要な凸凹の歯並びになってしまったからといって、すべてが不幸なのではありません。矯正歯科での治療期間の間に、自分が努力することで結果を得ることがあるんだということを体感できます。  自宅では気づかなかった姿勢の悪さに対して、繰り返し様々なトレーニングをしたことで、姿勢がすごく良くなって、ほめられることがあります。  医療従事者の真剣な熱意を感じ、自分の将来の役割、希望を見出すこともあります。  待合室で読んだ本に刺激を受けて、人生がかわることだってあるかもしれません。

 きっかけは、いつでも、どこでも あるものです。

 鳥飼先生の例示の一つで、障害により下肢切断をやむなくされた方が、義足の工夫からパラリンピックの選手となった話をされていました。その方は早く走れる義足を工夫するのみならず、アクセサリーを施した審美性の高い義足を使用したり、長さが異なる義足を作成することで、ファッションモデルとしての演出方法を複数有することが出来ているということでした。
 そのようにハンディキャップをチャームポイントとして生かすには、本人の努力ももちろんですが、アートを再現できる医療者の存在が欠かせませんし、現時点ではまれな例示ではあるでしょう。しかしながら、鳥飼先生はすべての患者さんに何らかの幸せを与えていこうという熱意をお持ちでした。

 まとめの言葉の覚書ですが、

 形、機能、心はつながっている。 矯正治療も形成外科も、
 形を変えることにより新しい機能を引き出し
 その結果として
 心に豊かさをもたらす(Happiness)

 (言葉の多少の前後があったかもしれませんが、大体あってるはず、、、)

 とされていました。

 中学の頃から教えられていたことの一つですが、「形態は機能を現す」ものです。
 だから、観察が大切なんですよね。

 その後、懇親会にも参加させていただきました。
 わかる人にはわかる、1号棟 9階の グリル セインツでした。
 ひさしぶりに、何年も行ってなかったと思いますが、足を踏み入れました。

 何も変わらない内装装飾でしたが、ソファーの足が以前よりも壊れてきて下に支えのブロックが入っているところがたくさんあることで時代変化を見取りました。
 また、いつものおねえさんは少し変化を感じましたが、いつものお兄さんは一切変化がありませんでした。入局した手の頃を思い出しました。

 以上

  
 


 


posted by Orthodontist Hajime FURUKAWA at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 学会・展示会・講習会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/65636596
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
記事の下部テキストです 日経平均株価は底値で、、、