イデ・アイデア雑記ブログ 
  記事の上部テキストです 丈夫じゃないけど、、

2014年01月30日

トラブル発生です! やった、ラッキ〜♪ と 思えるかどうか

車で出かけようとしたら、エンジンがかかりません。トラブルが発生しました。

「げ、こんなタイミングで。アンラッキーだな!!」とその場では思いました。

でも、後々には「あ、トラブル、ラッキ〜♪」と考え直そうと思い直しましたという話です。

***************

朝、車を動かそうとしたんですが、リモコン押してもドアが開きません。「!」心配で思い当たることがありましたので、ドアにキーを差込、開けました。

イグニッションに差し込んでも、通常表示されるはずの液晶時計すら表示されず、完璧にバッテリーが死んでいます。

確認のために、ボンネットを開けます。まずは運転席下のボンネットロックを引きますと、ガシャと前のほうで音がして、ボンネットが少し持ち上がります。

ついで、車外に出て、ボンネットの浮いた隙間から手を入れて、2次ロックをはずすとボンネットがあがります。いつもの手順です。レバーを引くと、カシャンと音がしてボンネットが上がるはず、、、が、、、

レバーを押す手ごたえがありません。押されたままになっています。

!!!!!!!!!!!!!!!!

ここから、急激にあせりました。

b、ボンネットが開かなかったら、車屋さんも修理できないじゃない! どうしたらいいの?買いなおすの??14万キロ走っていますが、まだ1年は乗るはずの車です。まだ買えません。ひえ〜〜〜

と、頭の中でぐるぐると言葉が走り始めました

**********

だめだ、あきらめちゃ

どうなってるんだろう?良く見て見よう〜 よく診てみよう ということで、ボンネットの隙間をよこからのぞくと、まずは理由がわかってきました。

ボンネットロックを動かすはずのレバーが外れてしまっていたのです。

スパナやドライバーをグリルの隙間から差込、結局上に押し上げるとロックが外れることが判明、まずはボンネットを開けました。 あーよかった。

DSC05427.JPG

************

外れていたレバーを戻し、動きを確認。大丈夫です。

openclosebonnet.jpg

「あせらせるなよ、、、」と思いながら一度ボンネットを閉めると、普段なら重い音で「グアッシャリ」というイメージなんですが、「ガシャ、カッチャーン」という軽い音が2回聞こえてきました。

運転席のロックをはずし、ボンネットをあげようとしましたが、、、さっきと同じ状況でした。レバーが抜けちゃっています。

**********

またドライバーでボンネットをあげました。レバーの抜けどめがバカになってしまっているようです。

DSC05424.JPG

手元の材料でまずは、、、そうだな、ワイヤーでしばってみようか と考えました。
最初に頭に浮かんだのは、矯正のリガチャーワイヤーですが、それは病院に行かないとありません。
家で目に付いたのが、建物の中の配線をしやすくするための「CD管」の中にあらかじめ通しておく用の緑色の太目のコーティングワイヤー。たぶん、これは緑色のひし形の金網フェンスの材料と同じなのでは?

「ちょっと太くて使いにくいかもしれないけど、やってみよう」と、レバーの部品に穴が開いているところがあったので、そこに通してくくりつけてみましたが、、、

ボキ

穴の部分が割れて、折れてしまいました!

いけない、どうしよう、、、、

************

 まずは、レバーであけることをあきらめて、手元の道具の中で1番あけやすかったサイズのドライバーを持ち歩くという作戦にしました。そして、落とすといけないのではずれたレバーも取り除きました。


 で、こっからやっと、バッテリー上がりに取り掛かるのです。

***********

バッテリーの充電器を持っているので、つなぎました。表示が出ません。コンセントの接続も確認しました。でも、表示が出ません。先日外したバッテリーにつないだところ、「低電圧表示」ちゃんと出ます。車のバッテリーにつなぎます。表示出ません。

完全に放電してしまって、だめになっているようです。

ブースターケーブルをつないで、エンジンスタートするとかかりました。15分してエンジン切りました。再起動、、、、出来ません。

仕方ないのでバッテリーを他の手持ちのものと交換しました。実はつい先週交換したばかりだったのに、、、

これまた、トラブルです アンラッキーと通常は思います。

************

なぜ、先週バッテリーを交換していたのかを説明します。

少し前に、ネットなどでハクビシンの害などが書かれている見出しを見ました。

以前ボンネットにねずみが住み着いた経緯があり 「朝から朝食」 「昼から昼食」 参考

ボンネットをあけてみたところ、ねずみの糞はありませんでしたが、バッテリー端子の周辺に白水色の結晶がたくさんついていました。

DSC05421.JPG

電圧は問題なく使い続けられていたのですが、8年もたつとさすがに寿命のようです。ディーラーさんに聞いたところ「端子周辺部にやはりクラックが入ってしまっているのでは」とのこと。

で、手が空いているときに、手持ちの充電済みバッテリーと交換したのでした。


DSC05409.JPG


************

で、なぜ手元に充電済みバッテリがあったのかというと、別件でバッテリーが上がってしまったときに、一度外しておいたものです。12ボルトを100ボルトに変換するプラグがあるので、それを使えば停電のときでもエアーポンプやミニライト(亀と金魚のためのもの)ぐらいは1日使えることを以前確認していたので、万が一のために残しておいたものです。

バッテリー交換後、もちろんエンジンがかかることは確認していました。そのときはまったく低電圧など感じさせず、一発で好調にエンジンはかかっていました。

ただ、常温の家の中では反応していたものでも、寒い冬の屋外では役に立たず、待機電力をしぼりだしきって息絶えてしまっていたのでしょう。

*************

さて、実は予備のバッテリーは2つありまして、もっと新しいものを乗せ変えました所、エンジンに関しては復活と言う流れです。

************

でも、ボンネットが一度閉じると開けられない問題の解決はまだこれから

でも、話がいつもどおり、長くて長くて、もう、手も痛くなってきましたので、はしょっていこう!

その後、レバーを入れ戻してから、歯科のレジン(プラスチック)を利用してレバーが抜け落ちないように工夫をしました。

DSC05411.JPG

固着しては困る鉄部にはワセリンを下準備、レバーの先端は一度ビッグポイントで新鮮面を出し、レジンを接着後、温湯での硬化後、きれいな斜面を形成。
 
そのレバーを車に装着、力がかかると抜けてしまう可能性がある状況なので、装着してから抜けどめ部にレジンを直接盛り上げました。常温硬化をさせたままですが、その後動き具合は良好です。


DSC05410.JPG

DSC05423.JPG

上が修理後、下は本来の形です。無骨な修理状況ですが、仕方ありません。


あとは、ボンネット内部の熱の具合で、レジンがどの程度耐久力があるかどうか、、、


DSC05414.JPG

DSC05415.JPG

***********

さて、この長い話ですが、

「たら、れば」を考えてみました


通常、車では他院に向かいます。診療が終わった後で同じ状況にもしなったら、どうなっていただろうということです。

夜で暗い。早く帰りたい。手元にドライバーも無い。ボンネットも開かない。

ある医院の場合、私の車は右側の壁ぴったりに駐車して、助手席側のドアから乗り降りしています。その場合、助手席側にはドアを開ける鍵穴がついていないので、バッテリーが上がってしまったらレッカーで動かさないとドアすら開けられないのです。

レッカーするにも、壁際にぴったりと置いてしまっていたら、補助輪が入れられませんので、レッカー業者さんでも困ってしまうでしょう。もう、そうなったら最悪です。


***********

今回、交換したばかりのバッテリーがだめになったことは、残念なことです。

でも、まずは動くことが出来てしまった場合で、運転途中にボンネットのレバーが外れて落ちてしまっていたらどうなったのでしょう?

最悪ではドライブベルトに挟まれるなどの可能性があり、そうなると運転中にエンジン破損となります。

************

さらに、もし、自分が歯医者ではなかったとしたら、、、

レバーの抜けどめを作る作業を短時間には出来ません。

ホームセンターにもレジンパテは売っていますが、歯科用ほど操作性は良くありません。

***********

などなど、夢想するに、

今回のような「通常であればアンラッキーの連続、アンラッキートルネード」ともいうべき状況も

乗り越えてしまえば「ああ、これくらいですんでラッキーだな」となります。



今年は午年、私は馬術のウマのように、
障害を飛び越え、華麗に駆け抜ける1年を
目指してがんばりたいと思っています

なんてホームページに書いてしまったばかりに、不運を呼び込んでしまったのか?口は災いの元なのか??


いいや、今年の抱負を言葉通りを実践することが出来たし、歯医者でよかったと小さく自慢できるきっかけが出来たのだから、これはラッキーなことなのだ!!!


と、言い聞かせることが出来るくらいは、年をとることができた自分を自画自賛。

これからもがんばります。

********

そうそう、ちょうど螺鈿迷宮をテレビでしてるんでしたっけ?
バチスタ4って、ちがいましたっけ?映画化するんだっけか???

あの本に出ている 「天馬くん」というキャラクターが、
「アンラッキートルネード」と位置づけられていたように記憶しています
その語句を拝借しました。
posted by Orthodontist Hajime FURUKAWA at 12:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/86387240
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
記事の下部テキストです 日経平均株価は底値で、、、