イデ・アイデア雑記ブログ 
  記事の上部テキストです 丈夫じゃないけど、、

2014年06月13日

2014顎変形症学会 1日目おわり〜大会2日目

博多で行なわれた 第24回 日本顎変形症学会総会・学術大会の大会初日については

http://idea88.sblo.jp/article/99609992.html

にUPしましたが、朝8時半から夕方6時半まで休みの無いタイムスケジュールで疲れました。まあ、充実していることは良いことなんでしょう。


会場の外に出ますと、梅雨の時期と言うことで、あと少しで雨かなあと言う感じの曇り空でした。

さらに大会前日のちょっとありえない、でも貴重で二度と体験することは無いであろうサプライズ経験からほぼ1日が経過したところで、落ち着きも取り戻しつつありました。

この頃、頭の中に聞こえてきたのはもしかしたら「藤井 隆」さんの「ナンダカンダ

Youtubeより:  https://www.youtube.com/watch?v=X1Oc46tjl8A

だったかもしれません。

*****

 前日にかなり飲んでしまっていたので、軽くすごさなければ、明日持たないと考え、
医局の飲み会などもありそうだったのですが、少し離れた場所を通ってしまいました。

 で、開業医の知人とCTについて話をしたいなあと思いつつ、「明日もあるので、軽く食事行きますか?」ということで決定。

 で、お店どこ行こうかーと話ししていたら、他の知人が「じゃあ、合流しましょう」ということになり電話しています。

 10分後「行きましょう!」というのでつれられていくと、中州の方向かと思うのですが、ほっそいみちをくねくねくねくね。

 驚くのは、3ナンバーとかじゃあ曲がりきれないであろう、世田谷の私道みたいな細い道なのに、プリウスタクシーがなんども向こうからやってくるんです。後ろからくるタクシーは無かったので良いのですが、飲食店がタクシーを呼ぶのか、呼ばれたほうも大変ではないかと思いましたが、そういう場所柄なのかプリウスばかりでした。
 

 ついたところは名前が「原価市場」というところで、なんと、ビールジョッキで200円と!まさに原価なお店でした。(今しらべたら、博多店ではなく、西中州店かもしれません)

 「軽く」といっていたのが、気がついたら12人でした。1ダース。

 北海道のユニ矯正歯科の院長先生や古谷先生が一緒だったので、そのご縁で北海道で顎変形症のオペを手がけているベテラン口腔外科医の先生が2名もいらしゃっていました。

 その他、何年も前から学会ではお話していた業者さんのご自宅が、私のいとこのおばさんと同じ地域で、しかもそれが大変ローカル(失礼!ほんとごめん!)過ぎる場所なので、奇遇にもほどがあるだろうという話になったりしました。

 それから、ちょうどCTの話で症例を見るためにノートPCを出していたのですが、ちょうど自宅から連絡が来ていて、自宅のPCのユーザー権限を一時解除する為に外部ログインなどしていました。

 そんな作業をしている中、ちょうど前で飲まれていたのが広島で矯正歯科を開業されている院長先生だったのですが、「ほおおおお そんなことできるの?べんりじゃね」的話になりました。

 次回の日本矯正歯科学会ではプロ矯正歯科の田中院長がモデレーターでラウンドテーブルを行なう予定になっていますが、ちょうどその内容が「パソコンを便利に使えば、電話では指導してもらえないような難しい三次元のデータ操作などを勉強も出来るし、情報共有、指導などの幅も広がるんだ。これからの時代って、すごいよね」という内容です。

 広島の先生はかなりイケメンの 野々山 大介先生 HP調べたら「こちら」ですね

 あれ、でも院長先生は写真よりも本物のほうが数倍イケメンでしたねえ。野々山先生!もし、こちらを見てしまったら、スナップ写真とかも載せちゃったほうが良くないですか?と提案です。
 あるいは、実際に医院にいってみたら「えええ、こんなイケメン」というサプライズ演出の前振りなんでしょうか?

 いけません、横道にそれました。

 で、野々山先生はマック派なんだけれども、CTの操作のためにウィンドウズも使っているそうで、その環境でもリモート操作は出来るのだろうかという話をしていました。
 「飲んで忘れたら、もったいない、すごく興味ある」といいながら先生はアイフォンで検索、それで、丁度携帯用のソフトの説明まで進んで、インストールまでしていました。

 「せっかくの機会だから」と、私のリモートIDをその場で入れてもらい、一時パスも入れたところ

アイフォンの画面が、超超小さいノートPCのトップ画面に変身!

そのアイコンのデスクトップアイコンが小さいこと小さいこと。ミニチュアのおもちゃみたいでしたが、先生が「これすごいねえ」といって指で示したところが丁度パワーポイントで作った前回のセミナースライドで、パワポが立ち上がりました。

スライドショーを立ち上げて気がついたのが、PC画面を人に向けておいて、アイフォンの画面をタップしていけば、なんとリモコンマウス代わりに使えるという新発見!

パソコンに新しいソフトを入れるときは、そのソフトの性能や使い勝手などとても心配になるものですが、今回、まわりに利用者が多く居ただけでなく、外部ログインの実験まで出来たので、野々山先生にはとても喜んでいただけました!

まあ、そのソフトを私に勧めてくれたのは何度も出てきますがユニ矯正の古谷先生なんですけどね。

まあ、この日はそのお店まででお開きにさせていただき、プロ矯正の田中先生と地下鉄に乗って博多駅方面に戻りました。

*********

一夜明け

6月12日(水曜)ですね。

「疲れてるから、ちょっと寝坊していこうかなあ」と考えてゆっくり目に目覚ましかけていましたが

早起きしてしまいました。

「ゆっくり準備して、いけばいいな」と思っていたのですが、ホテルも学会会場も駅から直結と言うアクセスの良さからか、いちばん最初の講演に間に合ってしまいました。

「学会賞受賞講演」が2演題で40分ほどでした。

 休憩10分で、その後が「日韓ジョイントプログラム」ということで2演題が韓国の先生で英語、2演題は日本の口腔外科医の先生で2時間でした。

 *******

お昼、「もう飛行機取ってるので、早いんですが帰ります」という先生方もちらほら、という状況。
雨だったら、学会場の建物のどこかで軽食かなと思っていましたが、幸い雨にならなかったので、近しい先生方と近くにある「一蘭・本社総本店」に行くことになりました。

 このラーメン屋さんはカウンターが中心で、一人ひとり区切られた状況で「ラーメンに集中してほしい」というコンセプトで有名で、東京にもお店がありますが、こちらではそのお店が屋台風営業でテーブル席もあるので、話をしながら食事も出来るということで、良かったです。餃子もたいへん美味しかったです。

 学会場が近いので、私たちが入ったテーブルの前に入っていたお客さんも関係者でしたし、2階にある区切ったカウンター席で食べてきたと思われる先生方にも多くすれ違いました。

 さて、大会も終盤です

 午後は教育講演2から

「医療におけるナラティブ・アプローチーより良いコミュニケーションのため」という演題でEBM,NBMの例示やナラティブコミュニケーションの実際などのお話、1時間の予定でしたが、けっこう延びてしまっていました。

 講演終了と、次の別会場での発表開始が同時刻だったので、別会場に到着したときにはすでに3演題目になってしまっていましたが、「顎関節と咬合」のセクションと「顔面非対称」のセクションを拝聴。会場も結構混んでいて、遅れていったので前のほうの座席に入ったところ、丁度隣が先日おじゃましました神奈川歯科大学の矯正の不島 健持教授でした。

 ラストの2つ前の演題が、医科歯科で後輩だった鈴木 智貴先生が講演だったので、そのときの写真

DSC05615.JPG

 長崎県長崎市のすずき矯正歯科で副院長先生です

 DSC05616.JPG

 講演が終わってから症例の話をしばらくしていました。

 この学会は来年、再来年と東京で開催が決まっており、私も来年は2枚ポスターが出る予定になっています。

 その後、会場外で母校ではないのですが、学生の頃から知人がいたので親近感がある明海大学でやはり3Dをやっている若い先生と、研究についてしばらく勝手な話をさせていただいてから、鈴木 智貴先生に地下鉄入り口に案内してもらいつつ移動して、私は博多空港へ、鈴木先生は電車で長崎に帰りました。

 丁度終わりの時間だったからか、博多で地下鉄がすいたので座ると隣は東大の口腔外科の助教授、その隣は北海道大学の矯正の教授といった具合でなんだかベテラン率が高くて、一瞬初日の夜が思い出されましたが、幸い隣の両先生は母校医科歯科の先輩であり、以前から面識がありますので怖くなく移動をご一緒させていただきました。

 空港ではスキー部の後輩だった、口腔外科医の中久木先生とあって話してました。中久木先生よりもさらに後輩だった黒川先生が、学会場で声をかけてくれたときの話などから、やあ、つながりは無いよりあってよかったよねえという、古い人間っぽい話になり、自分の年取り具合を痛み知りました。

 帰りの飛行機が医科歯科の前の前の教授である黒田先生とも一緒なことに気がついたのですが、機内も相当に混雑していたので、会釈どまりでしたが、それ以外にもいろいろいろいろありました。

 で、最後、

 空港でたら、すんごい雨。
 まあ、学会中が雨にならなかったのですから、今回はとても運が良かったとは思います。
 スーツがびしゃびしゃとか、皮靴がぬれて気持ち悪いなどという状況はとても悲惨です。

とはいえ、パソコンなどを戻す為にイデアに向かったのですが、その道程がとても遠く感じました。


DSC05617.JPG


さて、学会から帰ったばかりなのに、また翌日には展示会がパシフィコでもあるし、、、

雑務も多いのに、忙しいなあと思う次第

とはいえ、医療の発展のために些細であっても貢献したいと思いますのでがんばります。

お会いするたび指導してくださる先輩方に感謝、話が通じやすい同期に近い仲間にも感謝、

逆にアドバイスを求められることが多い場合でも、そのコメントをしている間に自分自身の考えに気がついたり、新しいアイデアに気がつかせてくれる後輩たちにも感謝ですね。

環境を整えてくれる身近な関係者ならびに調整をしてくださった患者様にも感謝しつつ、2014顎変形症学会でした。

長!!!!

 


posted by Orthodontist Hajime FURUKAWA at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 学会・展示会・講習会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/99616060
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
記事の下部テキストです 日経平均株価は底値で、、、