イデ・アイデア雑記ブログ 
  記事の上部テキストです 丈夫じゃないけど、、

2018年01月04日

新春の特別企画だワン♪

DSC07831.JPG

さて、今年はカエル年、、、、ではなく戌年ですね

DSC07825.JPG

ガラポン抽選機を入手して行うのは新春くじ

DSC07859.JPG

入り口入ってきて正面のディスプレー棚を、これもイケアで入手ですが、少し大きくしました
そこに出ているのが

DSC07860.JPG

ガチャガチャで出て来るタイプの ワンちゃんフィギュアと

DSC07861.JPG

動物クリップ 
DSC07849.JPG

戌年ワンちゃんは大量にありますが

DSC07850.JPG

今年話題のパンダちゃん、猫ちゃん、豚さんも多少在庫有です
DSC07855.JPG
それから、歯医者であることを気づいて欲しいので
DSC07856.JPG
地味に地味に
DSC07857.JPG
オーラルケアグッズを並べたら、ストームトルーパーの行列を思い出す次第

DSC07847.JPG
ほかにも、特賞扱いのワンちゃんグッズを準備してしまいました

DSC07845.JPG
へー ふーん

DSC07846.JPG
そーなんだー、と言っているのかな
ハリネズミには、鏡餅についていたミカンと、水引を付けてみたけれども、あまりイメージが沸かないですねえ、、、もう少し成長させる必要があるかもしれません

DSC07830.JPG
この子たちはプレゼントではないのですが、ワンちゃんに関係しているタオル、めがね拭き、カレンダー、スペシャルフィギュアなど、手元にぐうぜん溜め込んでいたグッズを一挙大放出して企画を立てました

DSC07851.JPG

ばんざーい!

DSC07852.JPG

ばーんざーい!!

DSC07853.JPG

ばんざいばんざい!

DSC07854.JPG

富士山のような跳び箱を飛び越えていく 各時代のトルーパーたちと

年賀デザインのコポーですね
待合室から、どこに遊びに行ってしまったのでしょうか

DSC07833.JPG

診療室ではなさそうですね、、、

DSC07826.JPG

受付も、おみくじ飴があるくらいで、違いそうですし

DSC07828.JPG

とにかく、早いものがちですが、皆様をお待ちしております

さあ Windows10のロールバックをしたマシンは、気がついたらアップデート用のサポートソフトがデスクトップに出てきていました

幸先良い一年です!!!
posted by Orthodontist Hajime FURUKAWA at 03:14| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2018年01月03日

あけまして ワン!ダフル な一年♪

calendar201801.bmp

あけましておめでとうございます
新年はあさって、5日から診療ですね

DSC07822.JPG

皆様のお正月はどんなでしたでしょうか

DSC07824.JPG

実家への挨拶や、年賀状整理もしつつ。
まとまった時間ができそうだからと、パソコンのインストールが進み、逆に苦労してしまったり

一度などは上記のように オレンジと白の縞々が画面いっぱいになって、

「ハジメテミタヨコンナエラー」と思ったものの、その後電源長押しからの再起動で何事もなかったように通常操作が進んでしまったり、刺激的なこともありました。

DSC07840.JPG

そんな合間にイデアの飾りつけも
数年前に購入していたブラケットを装着している瀬戸物のワンちゃん貯金箱と
橘こども歯科の先生にお土産でもらったM&Mの缶(中身はのど飴とかですね)が待合室に出ました

DSC07838.JPG

この本棚のところですね

DSC07837.JPG

DSC07746.JPG

クリスマスのモビールのところは ハート柄のライティングに

DSC07843.JPG

新年はよく白いエンジェルのモビールが出ていたのですが、今年は2月までこれで行こうかなと

DSC07839.JPG

戌年だからね! ワンコが本棚に、、、、実はいつもいました 宇宙兄弟のAPOだね

DSC07836.JPG

昨年はお茶したり、落ち葉掃除していたストームとルーパーやクローンとルーパーがいなくなって、少し寂しい本棚には、ATATとAtMtが残り、かわいいお花が増えていますね

でも、
DSC07842.JPG

さみしくない この ガシャポンゲーム、懐かしいけれども、子供たちは猛烈に反応しています。
対人対戦も盛り上がりますが、なんと、一人勝負も結構続く子がいますよ!

ダースベーダーの危機一髪ゲームを利用して、新年はプレゼント企画を考えていたのですが
DSC07844.JPG

急遽企画変更、こちらになりました

DSC07827.JPG

アマゾンでガラポンを入手してしまいました

DSC07825.JPG

さあ、その内容は、、、、

DSC07831.JPG

長くなったので、明日にします
posted by Orthodontist Hajime FURUKAWA at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2017年10月06日

2017年10月近況 そのに SEOやら別刷りやら

そして、10月 今月は日本矯正歯科学会の発表が予定されています
なので、ポスター製作に取り掛からなければならないのです。
大きな大きな課題です。
DSC07463.JPG
なのに、人は、大きな課題を前にすると、なぜか大掃除をし始めてしまったりするというのはどうしてなんでしょうか、、、

どうしてか近況報告などをしてしまうのは、なぜでしょう。今じゃなくてもいいのにと、、、
emile-03.jpg

でも、今じゃなければという内容を作り出してきました。先日、後輩の先生が開業されたということを
http://idea88.sblo.jp/article/181099765.html
で記載したのですが

それを利用してのSEO?に関する考察検索エンジンのいろいろについてです
ブログ記事は9月25日にあげてましたが、9月27日、2日後に検索をしてみた結果の一例です
170927-1.jpg
MSN提供のBingで検索、「 エミールこども歯科 + イデア 」の2ワードに対しての結果ですが
冒頭に広告が5件、その後がなんと、一番上にイデアのブログ記事が出ておりました

170927-2.jpg
ついで、同じBingで検索、「 エミールこども歯科 」の1ワードに対しての結果ですが、
広告4件の下に、またしても、、、ごめんなさい 当ブログがトップ表示だなんて

ひえええええ ごめんね と謝りつつ これはいいネタだと思い 院長先生に電話してみてもらいました

170927-3.jpg
しかし、検索エンジンによって、表示される内容はずいぶん違うものです。同時にGoogleで検索した結果ではイデアの紹介ページは全然出てきませんでした。

掲載期間が長かったであろう求人情報やポータルがまず上位にあり、それから医院のホームページがちゃんとヒットしていますね。本来の検索結果はこれで安心だと思います

それから数日後
171001.jpg
Bingでいたずらに検索したところ、4件の広告の後、医院のオリジナルHPがトップになり、イデアのブログページは2番目に下がってきて

さらに数日後 10月5日ですが
171005-1.jpg
Bing検索では3番目に下がってきました。うむ。これが正常でしょう。

同日、Google検索もしてみましたが
171005-2.jpg
1ページ目

171005-3.jpg
2ページ目でイデアのこっそりのブログではなく、メインHPのほうがヒットしてきていました

171005-4.jpg
そして、3ページ目になって ブログの記事ページではなく、トップページが出てきました

エンジンたちがどのようなアルゴリズムで重み付けをしているのかはわからないのですが、まあ簡単に紹介しただけでもこのように検索に乗って来るというのは、ちょっと怖い気もしなくも無い、、、

************

そして、院内近況
DSC07520-2.jpg

待合室に
DSC07518.JPG

頼れるドクターの
DSC07521.JPG

別刷りが届いたので出しています
DSC07522.JPG

以前、MFTの記事を書いたときには
DSC07523.JPG

見開きでしたが
DSC07524.JPG

両方の裏面ですね
DSC07526.JPG
今回は1枚印刷になってますね

DSC07467.JPG

どうぞ、ご自由にお持ちくださいと ハリーが申しております

さあ、本当に 学会準備しなきゃです
posted by Orthodontist Hajime FURUKAWA at 13:51| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2017年10月近況 そのいち

DSC07532.JPG
秋です 10月です 急に涼しくなりました

DSC07456.JPG
9月から変わって
DSC07533.JPG
ハロウィーンをお知らせしております

受付では
DSC07466.JPG

DSC07530.JPG
かぼちゃの口が開いてます 進化しました それから
DSC07531.JPG
ハロウィーン仕様の 光るヨーヨーだったのですが、大変人気で ぐっちゃぐちゃにモマレテ もう、しぼんできていますね いいんですよ、おもちゃの宿命です

ほかにも変わったことといえば
候補選択中廊下.jpg

廊下の写真、先日の頼れるドクターの写真選定中の画面からですが
DSC07535.JPG
どうでしょう 違ったところは、、、

DSC07535-2.jpg

夏のスリッパ中敷をお知らせしていたニコダマたちが場所を変え
DSC07536.JPG
診療中のボードが一つ目に

DSC07542.JPG
スリッパかごの クッキーモンスターに似たオリジナルキャラクターが 3つ目になっています

この合計4つの目玉ですが、無線で連動して動くんです
medamakumisyasinn.jpg
シャッターチャンスがなかなか 大変でしたが、いろんなウィンクしてるのがわかりますか?
このとき、一つ目も<パチパチ>離れていても瞬きしてるんですよ

*********

さて、そんな昨今、イデアにはいろいろなDMが届きますが
DShyousi.jpg
病院宛に届けられる不動産や旅行等の情報誌だと思います

Dsebi.jpg
武蔵小杉も 開発がすごいですが、海老名も今、どんどん開発が進んでいるのですね
そういった街情報はマンション投機などのきっかけになるものなのでしょうかね

その本の中で、ドクターの人となりやライフスタイルを紹介しているページがあったのですが
Dssima2.jpg

おおお!島田先生!!!!!
Dssima1.jpg

偶然にも、学生の頃からの知人が紹介されていました。
嬉しいですね
すごく嬉しい
板橋区役所前診療所の島田潔先生 訪問診療のセンターを作られています

tyokotann2.jpg

そのことを 丁度海老名も紹介されていたので、綾瀬の外勤先の先生に見せに言ったところ、丁度そちらの先生も同じ広告誌を読んだ所で、机上に置いてありました。 

「この先生、なんだか先生に似てるなあって思って、言おうとお思ってたんですよ〜」と 

何たる偶然!!! 島田先生に似てるといわれるのは、光栄であります♪

******

年賀ではご家族の姿もいつも拝見させていただいている島田先生です。同年代が活躍している姿を垣間見ると、自分もがんばらなきゃね!と 気が入ります。

マリンスポーツをされているのですね

ということで、最後は 湘南のカレー屋さん
DSC_0394-s.jpg
posted by Orthodontist Hajime FURUKAWA at 13:19| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2017年09月25日

エミールこども歯科・矯正歯科 開業されました + 工事記録

DSC07492.JPG

板橋駅徒歩2分にある歯科医院、エミールこども歯科・矯正歯科  さんが

9月19日にオープンされました!!!

emile-03.jpg

こちらが院長先生 医科歯科の学生のところからご一緒させていただいています。

この度は開業おめでとうございます。

アクセス
住所〒173-0004
  東京都板橋区板橋1-12-6シラトリビル102 TEL03-5944-2639
JR埼京線「板橋駅」西口から徒歩2分
都営三田線「新板橋駅」A2出口から徒歩4分
東武東上線「下板橋駅」から徒歩5分

emile-01.jpg

トップページです https://emile.dental/

「患者様が安心して通院できる 歯科医院をめざしています」とのこと
女性らしく、安心できるオフィス作りを目指されているのですね

emile-02.jpg

医院紹介のページですね https://emile.dental/about/
トイレには ベビーキープと おむつ交換台も設置!
さすがです

このページ下部に院長紹介もあります

ここで話題はイデアに
工事前
DSC07478.JPG

工事中盤
DSC07493.JPG

DSC07494.JPG

DSC07495.JPG

工事終了
DSC07497.JPG

DSC07498.JPG

違いがわかりますでしょうか?

小さいほうのモビールでは
工事前
DSC07465.JPG

加工工事後
DSC07496.JPG

ということで、影絵のきれいなモビールですが、今まで目と鼻には穴が開いていたのですが

口の部分は形が細かいので、切抜きをやめていたのでした。でも、思い立って、切り抜きにチャレンジ!!

手がすごく痛いです。ボール紙の重ね張りしたもの、かなり厚いのでなんどもスジ彫りしてやっとです。

結果は良好!

そうそう、そしてエミールこども歯科・矯正歯科さんですが「エミール」って柔軟剤から「やわらかさ」のイメージで付けたのかな?? いや、それは「エマール」でしたか!

紹介文にヒントがありました

フランスで活躍した思想家ルソーが、著書『エミール』で自由と自立を課題としたように、患者様がご自身でお口の悩みのない、“笑み”の絶えない快適な人生を歩まれますよう、スタッフ一同、全力でサポートいたします。

とのこと

エミールで検索するとエミール(Emil, Emile, Émile 英語: [ ˈeimɨl, ˈemɨl,ˈiːmɨl, eiˈmiːl, əˈmiːl] フランス語: [ɛmil] ドイツ語: [ˈeːmiːl])はヨーロッパ系の男性名。ローマのアエミリウス氏族(Aemilius)に由来する。と Wikiより

その他の欄で

エミール (ルソー) (エミール、または教育について、原題:Emile ou de l'éducation) - ジャン=ジャック・ルソーの著書。
エミール (学習塾) - 東京都千代田区にある現役専門東大進学塾。
エミール(アラビア語:أمير (amīr)) - イスラーム世界における王族、貴人の称号。アミールを参照。
エミール・クストリッツァ(Emir Kusturica) - ユーゴスラビア、サラエヴォ出身の映画監督。

とありました

ちなみに、イデアとは http://idea88.jp/profile/index.html 医院の紹介のところで
文字データではなく画像に入っていますが

profile_title1.jpg

ですね。
まあ、理念と言う近代語訳だけではなく、本来のプラトン的認識を追い求めたいものです。

ということで、ハロウィーンのイデアを追い求め、まだまだ進化していくイデアの内装でした(げ!)
posted by Orthodontist Hajime FURUKAWA at 15:39| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2017年09月21日

2017年の秋模様  

 9月も後半、文化祭も多くなりますね。昼暑い時もありますが、夜は涼しくなりました。

DSC07452.JPG

 天候に恵まれたら、お出かけ日和ですね

 DSC07484.JPG

 待合室に出しました。

 DSC07482.JPG
 
 秋にちなんで 「ファーディーとおちば」 

 ファーディーもキツネですが、「こん と あき」 <こん>はきつねです
 まさか「秋」だから<あき>ちゃんが出ているこの絵本セレクトなんて、ダジャレじゃないですよね

 トリックアートおばけやしきには、お化けかぼちゃが表紙に

 隣には「パンプキン」

 ということで

 DSC07480.JPG

 話題のレシピ本のとなりにも、ご自由にどうぞキャンデーが入った パンプキンバケツ

 DSC07485.JPG

 壁には大きな ジャックたち

 DSC07476.JPG

 ここにも
DSC07478.JPG

影絵にもなっていて

DSC07465.JPG

 ゆらゆらしているのもいます

DSC07477.JPG

 ジグソーパズルの中に月が浮かんでいますので、まるく境界線が出るタイプのスポットライトを当ててみて、月をイメージしているんですが、そんなこたああ 誰も思わないだろうなあ

 DSC07470.JPG

 受付机上では ゆらゆらではなく 回転しているパズルたち
 アロマもディフューザーから ランプに衣替えしています

DSC07466.JPG

 今年のイチオシは受付で待っています

DSC07468.JPG

 この、魔女帽子をかぶった

 DSC07469.JPG

 手触りが、感触が、最高の

 DSC07467.JPG

 かわいらしい 「ハリーポッター」 いや 「はりねずみ」 くん

DSC07473.JPG

 ちゃんと トリックオア トリートと 言っていただけると 恒例のナポリタンチョコをプレゼント

 DSC07475.JPG

 だって、来月ハロウィーンですからね

DSC07474.JPG

 近隣の専門医さん の紹介カードですが、 こどものガイコツに絡まれたりしてないですよね。大丈夫かな??

DSC07457.JPG
 
 まだ今月は9月ですから

 DSC07456.JPG

 SEPTEMBER と 9月をお知らせ Do You Remember♪〜 と EW&Fが 聞こえてきますが、この

asimoto.jpg

 足元、よくみると つっかけサンダルはいてるんですよ ちょっと玄関先のお掃除してるんでしょうか

DSC07486.JPG

 周りを見渡し、「もう、余計なものは無いだろう」と診療室に入ろうとすると

DSC07487.JPG

 おやおや、こんなところにも

 DSC07488.JPG

 クリスタルパズルはちょっと使い方が難しいですね

DSC07491.JPG

DSC07490.JPG

この旗、向こうでは定番なんでしょうかね

jighalo.jpg

 左上にもつるされていますね

 DSC07489.JPG

 裏面はモンスターになっています そんな9月のイデアですが

DSC07447.JPG
 
8月からのマジック8ボールは

DSC07455.JPG

 まだ出ていますが

 DSC07453.JPG

 この、ガチャガチャで買ったミニプラモデルは

DSC07454.JPG

 出していませんよ、念のため

XPScan4534.JPG

だって、待合室にはいろいろ置いてあるかもしれませんが

 DSC07464.JPG
 
 オモチャ屋さんでも、本屋さんでもなく

 DSC07463.JPG

 歯医者さん、、、のはず。

 今後ともよろしくお願いします

 来月は学会のためちょっと忙しいです。今からポスター少しずつ準備してますよ
posted by Orthodontist Hajime FURUKAWA at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2017年06月29日

トイレ照明追加と防燃カーペットの交換

http://idea88.sblo.jp/article/180044187.html
6月14日、顎変前日にトイレ交換工事が行われていたことを載せていました
DSC07329.JPG

そうしたら、手洗い周辺の細かいことが気になってしまいました

DSC07330.JPG

コーキングも入れ替え、トイレとしては充分清潔になっているはずなんですが、
やはり最近のトイレ事情として、パウダールームとして考えた場合には鏡周辺の光量がもう少しほしいかもしれません。

DSCN0007.JPG

 トイレ交換時に業者さんに照明の調整について相談していただいたのですが、なかなか難しそうということでした。お借りして10年になりますと、すでに内装塗装の経年劣化は進み、手をかけなければならない状況ですから、逆に言えば手を入れても現状復帰時の問題も無い時期です。

 ということで、LEDライティングバー 人感センサー付 を 輪状にした荷造りテープで仮止めしています。
 
 DSCN0008.JPG

 点灯するとこうなります。

 DSCN0012.JPG

 入り口側から見た感じ 手前から奥まで明るいでしょうか

 DSCN0013.JPG

 ただ、人感センサーを手前に向けると、ライトが直接目に入ってまぶしいですね、、、

DSCN0025.JPG

 取り急ぎ、配線材料のモールをそのまま手前面に粘着セットしています

DSCN0023.JPG

 写真でもホワイトアウトし過ぎない程度になってきました

 DSCN0024.JPG

 まあまあ 全体に明るくなったと思います

 **********

 次いで、廊下のカーペット交換情報です
 
 廊下から院内を見たところ
 DSC07300.JPG

 院内から廊下を望む ちょっと暗く見えますのう
DSC07301.JPG
 
 両方とも茶系のカーペットでした 院内はストライプっぽいミックスで、廊下はベージュと茶のストライプですかね
 DSC07302.JPG

 これがNew 色味を変えてみました。ドアの張り出しにあわせてトリミングして端もかがっていただきました。
 DSCN0005.JPG

 滑り止めシートを調整しまして
 DSCN0004.JPG
 
 どうでしょう 前よりも明るく感じませんか
 DSCN0006.JPG

 スリッパに履き替える時、毛足が長くなったことに気づくかな、フカフカしてます。

 DSCN0019.JPG

 ドアストッパーの部分も切り込みを入れていただき
 
DSCN0021.JPG
 こちらはかがっていませんが、ほつれを止めるために木工用ボンドで端の毛足を整えてしまいました。

 素材の提案、色合わせ、調整等をお手伝いくださいましたのは

 自由が丘のカーテン専門店 スタイルクロトさんです
 http://www.beautiful-days.jp/concept.html

 ウェブページは ビューティフルデイズ 自由が丘の海外ブランドカーテン&インポートファブリックショップ を出されていますね

 stylecloto.jpg

 階下の「武蔵新城 こころのクリニック」さんの内装期間中に、丁度業者さんが出入りされていたので、そこからのご縁です。とても丁寧なお仕事をされていらっしゃいます。今回は本当にお世話になってしまいました。感謝です。

 *********

前回、前々回と、ネット検索の小話でしたが、

フィードバックのお願い.jpg

変な検索結果が出て来る時には、こういった「フィードバック」を行うことで、エンジンたちも成長していくようですね。

 http://www.tana-kyousei.net/blog/detail.html?id=8

 長津田アオバ矯正歯科さんでも、丁度ブログに記載がありました。参考まで
posted by Orthodontist Hajime FURUKAWA at 12:49| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2017年06月14日

明日、明後日は顎変形症学会のため、、、廊下トイレ交換しました

 なんと、先月は更新がありませんでしたこのブログ。それは、友達の開院情報が少しでも広まればと思って!というのは、恩着せがましい言い訳ですね。

DSC07274.JPG

 花の後ろに隠れていますが、受付のスライド用パソコンの入れ替えをしなければならず、ネットをいじる時間が無かったのでございます。詳細はまた後日です。そしてほかにも7マシンを別に構築して、XPモードも調整しています。

DSC07283.JPG

 明日6月15日と16日は顎変形症学会の大会でビッグサイトに行かせていただきます。
 実は、今この時間も、研修会が行われているのですが、診療日にさせていただいていたので、参加できませんでした。

「顎変形症治療における三次元シミュレーションの実際」というタイトルでした。

DSC07279.JPG

 あーあーあー 思いっきりなんですけどね。専門分野です。
 まあ、研究仲間が参加してますので、明日話を聴かせてもらえればなあと思っております。

 今朝はテナントの工事が組まれていました。
DSC06529.jpg

 http://idea88.sblo.jp/article/174491558.html
 2016/03/05ですね このページに廊下の共用部にあるトイレの写真がありました。

 DSC06529明るく.jpg

少し明るくしてみました

きれいに使ってきましたが、やはり年季が入ってきたということで、階下のテナントが開院したこともあってオーナー様が交換してくださいました。

DSC07329.JPG

以前のトイレは自分で交換したウォームレットの薄ピンクのフタでしたね。
今回、タンクも薄型、節水なのに流れも良い最近の設計の便器になりました。
水道栓からタンクへの給水が以前は金属パイプで立ち上がっていたのですが、今回は耐圧ホース給水となったので、とても背景がすっきりしていますね。
「そのとき、時代が変わった」と感動!

陶器が明るくなると、他の細かいところにも気がついてしまいました。

DSC07325.JPG
手洗いのまわりの コーキングなんですが
DSC07324.JPG

目立たないようにグレーのコーキングだったのですが、どうしても汚れて見えてしまうのが気になっていましたが

DSC07327.JPG
白のコーキングで打ち直してくださいました
DSC07328.JPG

前々回の、イデアでのアンケートで「きれいにしているトイレが落ち着いて好きです」と大人の方からご意見を頂いておりましたが、清潔度UPできてますでしょうか?

DSC07330.JPG

タオルは毎日交換していますが、ペーパータオルも設置しています。

DSC07331.JPG

同じ場所のストロボ撮影ですが、うーん、鏡の周りがもう少し明るいと、もっとよいのになあと開院時から思ってはいたのですが、、、共用部ということで手は付けにくかったのですが、今度照明追加を相談してみようかなあと思います。あとは床のタイルだなあ 何とかならないかしらね。

設計は古くても手入れを続けて、時代に合わせても快適に使えるようにしていきたいものですね。

そんな2017年6月14日でした。

DSC07280.JPG

さあ、明日の抄録を読まなければ!!!!
posted by Orthodontist Hajime FURUKAWA at 21:25| Comment(1) | TrackBack(0) | お知らせ

2017年01月04日

2016/2017 品川・大田・川崎版の掲載について

昨年の話になってしまうのですが、2016/11/25に 書籍
「頼れるドクター 品川・大田・川崎」版が 発売されていたそうです。

DSC06977.JPG

 以前に、MFTの特集を仕事させていただいてから、いろいろとご縁があり、今回もご紹介いただいています。

今回は、特集で出ている総合病院の中に
DSC06978.JPG

お世話になっている病院名が多く目立ちました。掲載順に

DSC06979.JPG

昭和大学さん。医科の総合病院の場所と歯科病院の場所は少し離れています。
口腔外科の代田先生の写真をスタッフが探してきて貼り付けてくれています。
「ダイダ:代打」じゃありませんよ「シロタ」先生です。

武蔵新城近隣では症例に応じて昭和大学の小児歯科や耳鼻科、口腔外科を紹介される先生もあります。イデアからも、口腔外科への埋伏歯の精査やのう胞摘出、けん引誘導路形成などの外科的処置をお願いすることもあり、先日も治療経過の一例をを学会で代田先生にお会いした時にお渡しさせていただきました。

今年は口蓋裂学会を矯正科が主管されますので、矯正、口腔外科、形成外科、耳鼻科、小児科などなどで全力で多彩な演題提供があるものでしょう。



DSC06980.JPG

 続いては 東邦大学 医療センター 大森病院! こちらの口腔外科は 私の中学、高校と先輩であり、東京医科歯科大学でも先輩である(いや、途中で先輩が後輩になっていたら、結構問題ですからね。先輩はずっと先輩のままです) 関谷 秀樹先生!! 
 
 私の歯科治療を学生の頃にしていただきましたし、陸上部の後輩のがま腫などの処置もしていただいておりますね。なんと、手術前の入院患者さんの口腔内清掃状況に関して、全例管理をされているとのこと!!!
 もう、!!!x1000はプレゼントして、褒め称えるものです。
 「やるべきこと、ただしいこと」はわかっていても、「現実的に大変だよね」といって、後回しになってしまうことが多くあるのが社会であり、そのことは否定できませんし、責めることもできません。
 すばらしい!!!!

先日もデンタル武蔵会での講演ではARONJ(BRONJ+DRONJ)の最新情報をご講演くださいました。のみならず、日々教育的情報発信をし続けられており、臨床医としての私たち後輩の愚問にも丁寧に対応、ご指導くださる先生です。 また後日、UPしたいトピックであります!!

保健医療制度は日々更新されていくものなのですが、どうしても自費専門となる矯正医は情報が遅れてしまいます。しかし、先輩とは懇親会のときなどに「最近、これこれが、こんなふうなんですけど」と状況を伝えると関連した保険制度の更新情報を適切にご教授いただけたりして、本当に感謝するものです。

DSC06981.JPG

 そして、最寄になりますね!大変お世話になっております。関東労災病院の口腔外科は代表で堀江 彰久先生のお写真を引っ張ってきております。今週末は新年会でお会いできるかな?

 耳鼻科にも相談依頼を何例も出させていただいております。なかなか難しい症例が多く、御手数おかけしておりますが、患者さんたちと一緒に医療を形作る仲間として関係を持たせていただけたらと思っています。

DSC07042.JPG
 *************

 紙面の一部紹介となりますが

DSC06982.JPG

 有名なアリスバンビーニ小児歯科さんとか

DSC06985.JPG

 隣駅のラウムデンタルさんと、同法人理事長でもありエイトデンタルの田口先生とか

 DSC06986.JPG

 武蔵新城の 中島歯科さん! いつもお世話になってます。 

***

 そして、面識は無いのですが
DSC06983.JPG

きゅーちゃん診療所さんです。こちらのコメント文の中で

DSC06984.JPG

 医療の基本は医学であるということをおっしゃっていますね。私も子どもの頃、本当にそう思っていました。今でもそれはそうです。
 イデアでは私は医学を担当し、私が及ばない接遇に関してはスタッフに支援してもらい、総合力で治療結果をより高い目標としていくのが現状のイデアの役割かなあと思っております。

 そんな仕事の一例がMFTですかね

 DSC06973.JPG

 以前の東横版ですが 横から見ると
DSC06974.JPG

え?カミッペラ?!

 DSC06975.JPG

いえいえ、内側には見開きで MFTの説明の時のページがあって

DSC06976.JPG

裏表紙は、病院紹介のページになっている、リーフレットの見本印刷です
本誌全体は発行期日から時間が経ちますと、入手は困難となってしまいますが、大変よくまとまっている内容であると思いましたので、リーフレットにしてもらいました。過去の情報ではありますが、参考となるものですので、関連する治療内容の方には差し上げていることもあります。

ご興味ある方は、お声をおかけください! 
posted by Orthodontist Hajime FURUKAWA at 11:18| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2016年09月20日

2016アンケート結果その2 待合室に関して

では、昨日に続き、アンケートファイルのスキャンデータをUP開始

今日も新城は雨模様 夜からは強く降りそうですね、、、

アンケート紹介1609_00031.jpg

アンケートを書いてくださった患者さん方 皆さまには、本当にご協力感謝します。
コメントのプリントアウト画像が白いので、画像だけを続けると、少し汚れた白画面がだだだだっと続いてしまうので、目印としてスライド間にコメントが適当に入っておりますが、独語なのでスルーして大丈夫です。


アンケート紹介1609_00032.jpg

 医療という学術は国家〜厚労省や大学教育などがトップダウンで作るものと思うかもしれませんが,医療技術という実体は、いろいろな制約のある社会において、実際に患者さんが受けたものの集合を称していますので、その場、そのときの「水準」でしかありません


アンケート紹介1609_00033.jpg

また、医療は受け手と提供側があって、その場において成立するものでしかありませんので、どれほど医療技術が高くある社会であっても、受けてである患者さんが適切に施術を受けなければ、結果は得られないものです。

アンケート紹介1609_00034.jpg

 まず、医療者になる為には、何よりも学力が大切だと私自身は信じていましたね。
 学力と言っても、単純に「人より勉強が出来る」という単純な意味合いではありませんが、基本となる知識を見に付け、また、実際の結果に反映させる為には「これだけ出来れば◎」という物ではなく、「常にその先を考え、向上策は無いものだろうか」と自問自答する姿勢、これが「学力」だと思います。

アンケート紹介1609_00035.jpg

では、医療者側が高い学力を持ってすれば、医療の質は向上するのでしょうか?
答えはNoであることは、上にも書いてありますので、想像できることでしょう。患者さん側も上手に医療を受ける姿勢が無ければ、結果は得られないものなのです。

アンケート紹介1609_00036.jpg

 近年、医療の「サービス業化」という傾向があります。良い面もあるでしょうし、そうではない面もあるでしょうね。
 医療経済学などの講義を通じ、「病院と言っても、一般社会人と同じで、経営が成り立たなければ破産するのだ」ということを若いときから知り、言葉は誤解されるかもしれませんが「一般人としての物の見方」を見につけながら人生を歩むことは、まあ、常識的でしょうから、マイナスではないでしょう。

アンケート紹介1609_00037.jpg

 歯科矯正治療の大半の部分は異なるのですが、一般的な病気については、日本では国民皆保険制度でカバーされる保険診療の範囲が非常に広くあります。
 保険診療の範疇においては、同じ診療行為に対して対価が決まっているのにも関わらず、「高付加価値な医療サービスを受けたいという要求」をアピールされる場合があるようです。

 「同じお金を払っているのだから、より多くのサービスを受けたほうが徳だ。そのためにはクレームを付けて、よりよい対応を受けるようにしたい」という考え方も、確かにあるのでしょう。
 「クチコミで<患者の都合に合わせてくれるので、やさしい先生だ><安い、うまい、早い>」と書いてる病院を「ネットで電気製品の通信販売の底値をさぐる」ように探される患者さんも、実際にいらっしゃるようです。これは、あまりプラスとはいえないのでは、とも思います。

アンケート紹介1609_00038.jpg

「サービス業」という言葉が先走りますと、「消費者のクレームを受けて、その希望をかなえることでこそ、業界は成長するのだ」という考え方を持ってしまわれる方がいらっしゃるのは残念なことです。
 でも、専門外の、受け手の方からの「ご意見、ご希望」が全てクレームと言うことではないですよね。
 どこまでが「ご意見」でどこからが「クレーム」となるのか、その線引きは諸状況によるので微妙な問題でしょう。

アンケート紹介1609_00039.jpg

 医療の提供施設をつくる側は、多くの場合「医療の専門家」である、医師、歯科医師ですね。
「医者の常識は患者の非常識」などという慣用句も聞いたことがある方もいらっしゃるでしょうか。
 医療水準を維持するには、それ相当に日々勉強をしなければなりません。また、人はそれぞれに違う人生を歩んできたのですから、万人の気持ちを、質問もしないで理解できる人はおりませんので 「医者の常識は患者の非常識」と言う言葉、それは確かに実態のひとつであろうと思います。

 でもそれは、逆に言えば「患者の常識は医者の非常識」でもあるわけですから、お互いにその点は理解して、すり合わせをして、歩み寄ることが必要でしょう。片側だけの問題ではありません。
 「専門バカ」といわれることがあるかもしれませんが、それは逆にすばらしい努力の証でもあるのかもしれません。受け取り方によっては、ほめ言葉です。

アンケート紹介1609_00040.jpg

 その、すりあわせのひとつが、スタッフがいることで患者さんからの質問を受けやすい環境を整えることであったり、今回のようなアンケートなどを通じて、普段改まって言いにくいものだとは思いますが、日ごろ思っていた疑問や要望などを伺おうという形になったりします。
 「専門バカ」なので、わからないことが多いですから、素直に聞いてしまいましょう ということね。

アンケート紹介1609_00041.jpg

 でも、単純に「要望をかなえればよい病院」とはいえないぞ!ということも、同時に知っていてほしいところですね。
 レストランなどの例を考えますと、いつでも広い席が使えて、24時間対応で、店員さんも気持ちがよい方で、立地条件も駅前で、、、、しかも安い! というお店だった場合、どこでコストを調整しているのでしょうか? 一番大切なはずの「料理」でしょうね

 医療で言えば、サービスが過剰になったことで、本質的な「医学の研修」を行う時間が損なわれてしまうと、その将来系は「低水準な医療技術」につながってしまうことも想像できるでしょう。

アンケート紹介1609_00042.jpg

「医学の研修」といっても、むやみやたらに「最先端であればすばらしい」と言うことではない点にも注意してください。医学は多くのデータ蓄積から為されていますが、最先端の技術と言うのは、「とても出来る人」が作り出した「新しいアイデアの一つ」であって「うわべだけを不器用な人が真似しても、同じ結果が得られるものではない」のです。
 新技術を導入して実際に臨床に応用した場合、その得られる結果が「従来の治療水準」と比較して「何がどのくらい、メリット、デメリット」ということを客観評価しつつ、自分の技術や環境に応じて利用すること、これが大切です。
 しかし、この【客観評価】と言うのは簡単ですが、実際には技術導入の何倍、あるいは何十倍もの確認作業を行わなければ出来ない場合もあって、とても大変なものです。

アンケート紹介1609_00043.jpg

 また、別の視点の話ですが、ドクターが必ずしも患者さんの話を聞かないからと言って、治療の質が低いとも限らないという特殊例があります。

 先日、大大大先輩と研究目標の話になりましたときに
「患者さんに話を聞いていると、こういうことを知りたがっているんですよ」と私が伝えると
「患者の話なんか、きいたらだめなんだ」と、あきれられてしまいました。
 そのときは、非常に憤慨しましたが、後日、立場を考えてみたら
「それも、そういうしかないかもしれないなあ」とも思いました

アンケート紹介1609_00044.jpg

だって、大学病院の教授と言うのは、単に治療をしていれば良いと言うものではなく
国を引っ張っていく研究ビジョンを持って、推し進め、
医局員だけでなく、歯科大学の教育なども管理しなければならず
国際的にも発表をするには、移動もして、英語での討論も出来なきゃいけないし
いろいろな関係者の数だって、膨大ですし、お付き合いもあり
そして、家族もいるんだから、想像を絶する多忙さです。

あ、教授の話だってことがばれちゃいますかね。現役ではないということも残しておきましょう。

アンケート紹介1609_00045.jpg

 考えてみると、上の方の先生方はいつも忙しくて、患者さんと話をしている時間もほとんどない様子だったなあと思い出します。アシスタントをしている若い先生は、治療の指示を受けて、かわりに治療しながらのときに、多少患者さんとお話できるかもしれませんが、雰囲気として趣味のことなどの雑談をするなんてことは無かったように思います。
 自分も、患者さんの個性のことは、治療を通じてしか、わからなかったなあ。
 別に、好きな歌手のこととか、知らなくたって、きちんとした治療は出来るものですからね。
 「大学病院は治療技術の実証データを取り残し、将来への礎を作り出す場所である」と考えてください。

アンケート紹介1609_00046.jpg

 ですので、通われてくる患者さんたちも、それ相当な覚悟を持って相談にいらっしゃいます。
 だって、患者さんたちは子供であっても、平日午前の診療枠となると、最初っから「学校を休んで」通ってきているんです。矯正治療の場合ですと学校を毎月同じ曜日、同じ時間お休みして通うとなると、勉強にも差しさわりが出ることも自明ですが、それでもなお、通いたい、通わせたいというご家族しか、結果を得ることが出来ないのが実情であります。
 友達との遊びを優先するとか、習い事があるとか、忘れちゃったとか、そんなことがあったら、次の予約は2−3ヵ月後になってしまうかもしれないのです。
 ものすごい緊張感だったんでしょうね。患者さん側も。

アンケート紹介1609_00047.jpg

 初めての日、相談に来たからといって、すぐに説明が聞けるのではありませんよ。まずは担当医を決めるところまでくらいしか進みません。
 それから、資料を整えるのに早ければ1回で済みますが、難しい内容の方で多くの資料が必要であったり、レントゲンがうまく取れなかったりしたら3−4回も準備にかかる方もあります。
 で、その後、資料を教授に見ていただくのですが、これは別の曜日、決まった時間だけです。
 この時に、患者さんが教授に「どんな治療するんですか?」と質問なんて、聞いている時間は全く無いです。教授は患者さんの資料説明を聞き、短い時間の中ではありますが、ものすごい豊富な経験が詰まっている頭の中のデータベースをフルスピードで検索し、病院としての治療指針をパッと決めて、担当医に伝える、これはものすごい技術です。

アンケート紹介1609_00048.jpg

「ある程度経験あれば、そんなの簡単じゃないの?」といわれるでしょうけれども、それはもちろん、典型的な患者さんであればそうなんですが、人それぞれ、細かな個性の違いがあるもので、治療手順も様々なのです。
 それに、先にもあった「最新技術の導入」もありますので、いつまでたっても「簡単」になることはないですね。
 まあ、診断を受けて、その後の回に担当医の先生と相談して、「矯正をやりますか、やりませんか」となるわけですが、そのステップに進むまでに通常で10万円はかかり、難しい方で顎の検査や模型のシミュレーションまで行うと20万円くらいになってしまうかもしれません。それは患者さんが選べるものではなく、必要だから行う検査なので、けっこう大変でしょう。

アンケート紹介1609_00049.jpg

 ただ、そういった高いハードルを越えられる患者さん方のおかげで、次代を担う若いドクターも育てることが出来るわけですし、技術の客観評価にもつながることですので、患者さんたちも「自分が治療を受けてよい状態になった」ことだけを喜ぶのではなく「これからの日本の医療水準を維持、向上することに、自分が役に立っているのだ」という社会的喜びも味わっていただかなければならないですね。

アンケート紹介1609_00050.jpg

 参考例として、大学病院を挙げましたが、イデアは民間の開業医です。ですから、諸状況はぜんぜん違いますし、比較にもなりません。
 「郷に入れば、郷に従え」で、所在地が変わるだけでも医療のあるべき姿も全然変わってしまうものでしょう。
 伝えたかったことは「病院選びって、難しいよね。一概に良い病院、悪い病院なんて切り分けられないよ」です。
 え?最初独語だからスルーでOKって言っていたのに、伝えたいことがあったんですか?

アンケート紹介1609_00051.jpg

 いやいや、ページの間を埋めているうちに、勝手に話がそれて行ってしまってですね、、、

 気がついたら駄文長文でしたねえ

 まあ、今のイデアにはイデアの役割があります。イデアを育てていく過程でのツブヤキですが、
 まず医療に必要なのは「医療者の技術学力教育」です。それを身につけたうえで、専門バカでも良いんです。徐々に社会に出ながら、世情を学んでいけば。だから、若い先生には本当にもっと勉強をしてほしいです。

 まずは専門的知識、そして専門分野に関して客観性のある視点を持った後で、「技術を反映させる為のサービスを工夫する」ことを勧めます。個々の医療状況において、何をサービスなのだろうかと言うのも一様ではないですね。

 「求められるサービスに合わせて、技術を低下させて提供すること」は好みませんが、現状の日本ではそのような施設がないと、過剰要求によって医療制度がパンクしてしまうのも事実です。難しいですねえ

アンケート紹介1609_00052.jpg

 医療も生き物です。
 将来の医療がどのように成長するかどうか。たまごっちみたいなゲームであれば、

 エサを与える患者さんサイド
 遊んであげる大学サイド
 う○ちを片付ける臨床医サイド

 それぞれのバランスでどんなモンスターに育っていくのか、と言う感じでしょうか。


アンケート紹介1609_00053.jpg
 
 私は、将来の医療と言うモンスターがどのように育っていくのかを楽しみにしています。

 「楽しみ」でいられるために、治療を通じ患者さんにかかわりを持ち、患者さんたちが医療を育ててくれることを願っています。
 
 アンケート紹介1609_00054.jpg

 そして、臨床医としての経験、実際の治療成績などを学会などを通じ、共有していくこと、そのための情報データベース作成に関して、日々の努力をしております。どうかご支援をよろしくお願いしますね。
 

アンケート紹介1609_00055.jpg

と、難しい話はさておいて
がんばって通ってもらって
良い治療結果と言う
実りの秋を迎えましょう!!!

今後ともご意見よろしくお願いします
posted by Orthodontist Hajime FURUKAWA at 17:46| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2016年09月19日

2016アンケート結果その1  Milk Tooth がタイトルです

秋の連休最終日となりましたが、新城は残念ながら雨模様ですね。
でも、今週は木曜日がまた祝日ですね。

18XPScan4537.JPG

 今年の6月に、歯と口の健康週間にちなんで「Milk Teeth」というジグソーパズルを作りました。
 2016/08/31に発売になった「頼れるドクター」田園都市版の紹介ページの写真にも、うまいこと写りこんでいますね。
 オマエ、ナカナカ、ジョウズダナ!

chara.jpg

 ということで、定期的なアンケート調査にご協力をいただきました。
 7月8月の集計分を以下にご紹介させていただきます。(上の一例は9月の分から)

院内のファイルをスキャンしてUp、コントラスト調整など入れてないので、読みにくいかと思いますが、なんせ、数が多いもので。
 情報としては貴重に思っておりますが、公開に関しては多少は手を省かせていただいたことにつきましては、、、その分、日々の診療を丁寧にしていると思ってください!よろしくお願いします♪ 
アンケート紹介1609_00000.jpg

アンケート紹介1609_00001.jpg

アンケート紹介1609_00002.jpg
 
 アンケート紹介1609_00003.jpg

アンケート紹介1609_00004.jpg

順番には特別な意味はありません。
JPGを領域でカットして、大きくフォルダに分けて入れて、まとめて選択して印刷でLサイズ4枚とか、定期券サイズ9枚とかでプリントアウトしていました。

アンケート紹介1609_00005.jpg

まずはスキャンすること

アンケート紹介1609_00006.jpg

上下逆にスキャンしてから、フォトビューワーで回転して、次の画像を選択することで自動保存し

アンケート紹介1609_00007.jpg

ペイントで開いて、領域選択して保存、次の画像を投げ入れて同じ作業を繰り返す
アンケート紹介1609_00008.jpg

そうすると、Photoshopなどで開くよりずっと早いです

アンケート紹介1609_00009.jpg

でも、コントラスト調整をしていないので、薄くて読みにくい可能性が

アンケート紹介1609_00010.jpg

今思いついた調整法としてですが、Win10のビューワーにはコントラスト調整もありましたよね

アンケート紹介1609_00011.jpg

あるいは、最初のアンケート用紙を一度コピー機のスキャンにかけておいて、そのときにコントラスト++にしておいて

アンケート紹介1609_00012.jpg

それをまとめてスキャナーにかければ、ハイコントラストなデータが得やすかったかもしれません

アンケート紹介1609_00013.jpg

しかし、それもすべて 後の祭りか、、、

アンケート紹介1609_00014.jpg

でもね、「失敗は成功の元」っていうじゃないですか
この小ロットでの経験があることで、もし将来膨大なロットの同種作業があったときには、高効率に作業が進められることでしょう。そう期待します

アンケート紹介1609_00015.jpg

さあ、後半戦です

アンケート紹介1609_00016.jpg

小さい画像はそのままでは読めないですよね
アンケート紹介1609_00017.jpg

ブログの画像上で左クリックをすると、インターネットエクスプローラーだったら、別タブで画像が開かれるでしょう

アンケート紹介1609_00018.jpg

そうすると、カーソルが矢印ではなく+マークの拡大レンズになっていると思うので、画像上で再度クリックすると拡大画像になると思います
アンケート紹介1609_00019.jpg

もっと拡大したい場合は、「CTRL」キーを押しながら マウスの中ボタンと言うか、スクロールを上の方に回していくと、拡大表示されていくはず

アンケート紹介1609_00020.jpg

戻したいときには、逆にCTRL+逆スクロールですが、倍率が95とか105という微妙なサイズかなと不安な場合は

アンケート紹介1609_00021.jpg

IEのツールバー右端、歯車マークを左クリックで、上から「 印刷、ファイル、拡大、セーフティー」となっているところの、「拡大」に進んで 100を選んでいただければ元通りです

アンケート紹介1609_00022.jpg

どうですか、覚えてしまえば簡単でしょう?

アンケート紹介1609_00023.jpg

え? 私、クロームです。 え?私、スマホなんですけど、、、、 はああ、そうですか その場合はですね

アンケート紹介1609_00024.jpg

近くにいいる詳しい方に聞いていただくか

アンケート紹介1609_00025.jpg

小さい画面では読みにくいのは仕方ないので

アンケート紹介1609_00026.jpg

イデアまで来ていただければ、直接ファイルが読めますよ

以下、コメントが無かった方の場合、ほかの部分を参考になればと、数例スキャンしてあります

アンケート紹介1609_00028.jpg

「始めて通うのが嫌でなくなった歯医者」とは、光栄ですが、、、「歯医者だったの?」という言葉も聞かれることがあるのが、イデアですかね

アンケート紹介1609_00029.jpg

「気持ちが前向きになる」「大人でも矯正できることがもっと広まればよい」という言葉ありがとうございます。 歯科としての啓蒙活動は今までもされてきているとは思うのですが、まだまだ、その治療技術の幅が広いことなどは伝わりにくいものですね。今後の検討課題でしょう。

アンケート紹介1609_00030.jpg

結婚式の写真、きれいにとれて、それは良かったです。ぜひハッピーになってください。

反対咬合、治したいですね。ただ、どのような歯科医師が全力で対応したとしても、一定の確率で顎矯正手術が必要になる患者さんがあります。そのときに、後悔が無いように、おうちでのトレーニングや日々の姿勢に留意していただくことが大切だということを広く伝えることが大切ですね

アンケート紹介1609_00027.jpg

では、続きは明日分で
DSC06636.JPG

 
posted by Orthodontist Hajime FURUKAWA at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2016年09月09日

頼れるドクター 田園都市 2016 発売されてましたね

15XPScan45352.JPG

 頼れるドクターの 田園都市版が 8/31に発売だったようですね

 16XPScan4536.JPG
 今回の裏表紙は フロンターレ! 今日度合いですな 強度藍で、じゃない 郷土愛です!

17田園都市版_書店・コンビニ新発売情報.jpg

新城駅前でも、サンクスさんなどには並んでいましたね。
セブンイレブンは本の仕入れ流通のルートが異なって、販売はされていないとのことでした。後は駅前店舗だと売り場が狭いからねえ、全部のお店にはないのかもしれませんが

 今回、当院は

18XPScan4537.JPG
 特集2の企画の面でお手伝いさせていただきました

19XPScan4538.JPG
 
 ぱらぱらっとめくっていきますと
 20XPScan4541.JPG
 ドクター中島の世界制服 じゃない、スーパーくりしまの上の中島歯科さんですね!
 年代も近いことから、しょっちゅう相談させてもらってます。乳歯抜歯、カリエス治療、舌小帯レーザー処置などなどお世話になっております。

 21XPScan4540.JPG
 この顔に、ピンときたら! じゃないですが、エリアは違うのですがよく知っている先生が

22XPScan4539.JPG
 田園都市線の田奈駅 駅前の 長津田アオバ矯正歯科の 深田先生ですね。
 イデアも診療時間枠を長めに設定し、ゆっくりと受付作業をさせていただくように患者さんたちにご理解いただくようにしているのですが、深田先生もゆっくりと診療をすることを好んでいらっしゃるみたいですね。

 そして、ページは丁度最後のところだったのですが、これまた懐かしくも頼もしいイケメンが

23XPScan4542.JPG
 二子玉川で矯正専門の 高津先生! 学生の頃、出かけて飲んだことも何度もありましたね〜 
 写真じゃわからないけど、長身で 落ち着いている先生です。
 ご無沙汰してますが、これを機に連絡して、溝の口当たりで軽く一杯ぐらい、考えましょうかね
 
 学生の頃はまだどんな診療科に進むのかなんて、まったく考えてない時期でしたが、偶然にも彼も矯正歯科で 近隣での開業ですね。
 他にも、同じ二子玉川のベテランの北村先生や、近隣の顔見知りの先生方などなども掲載されていましたし、
24XPScan4543.JPG
 病院紹介では お世話になります 聖マリアンナさんとか

25XPScan4544.JPG
診療トピックでは「頭痛対処法」
26XPScan4545.JPG
 頭痛と言うとCMでは成人女性のイメージがありますが、そうとは限らないですよね。
 男性でも頭痛はありますし、最近、どうも小さいお子さんたちの中でも「頭痛」に悩んでいる話も伺います。参考となるかもしれないので、気になる方は是非、立ち読みを、、、ではなく、よければご購入を。あるいは、イデアの待合室にも出しますので、こっそり読みに来てもいいですよ。

 ということで、
27XPScan45342.JPG
 
 スポーツグラフィック Number Plus 
 RIO2016発売のお知らせでした!
 (これも待合室にありますよ)
posted by Orthodontist Hajime FURUKAWA at 11:18| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2016年05月25日

1F サイン工事(ハンドメイドですが)

 5月も終盤、サミット開催となります。明日、あさっての口蓋裂学会は今年はお休みさせていただき、診療日としております。
 
 このところ、新患の方が多くいらしておりますが、来院初日ではなく2回目以降の時に
「自転車置き場は無いんですよね?」と院内で質問を受けることが重なりました。

 DSC06637.JPG
 駅の方から来ますと、このような「「自転車禁止マーク」のお知らせが出ていますが
DSC06638.JPG
 下まで読むと「駐車場の奥にどうぞ」的メッセージがあります。でも、最近靴跡がついてしまって、汚れて読みにくくなっていましたね。
 駐車場内にはDSC06639.JPG

 とか

DSC06640.JPG

 というお知らせが出ています。
 
 で、旧時代のプリンターですが、PM-4000PXで A3プリントhttp://idea88.sblo.jp/article/77652923.html

 して、キンコーズで厚手のラミネートをして、再セット!
DSC06647.JPG

離れてみて
DSC06646.JPG

こんな感じなんですが、どうでしょう、、、 少しきれいになったはずですが

*********

そしてついでに
DSC06641.JPG

通路奥の看板ですが
DSC06642.JPG
近くでみると
DSC06643.JPG
けっこう、痛んでいるのです
DSC06644.JPG

でもこれ、エプソンの写真用紙<絹目調>に PM-4000PXの 顔料インクで プリントしたそのままをはりつけて、2−3年は持つものでした。 耐光性、耐水性に優れたインクですね。

しかし、用紙の方がもう限界で、表面を拭くとぼろぼろっと崩れてくる状態になっていました。
そこで
DSC06645.JPG
再度、ホームプリントしてみました。 写真用紙(中)ですと、色味がそのまま出ますが、スーパーファイン(手前)では少し浅い感じがしました。

DSC06650.JPG

下が写真用紙、上がファイン紙です

DSC06649.JPG
少し離れてみました
ラミネートのために、反射しちゃいますね。少しみ難いかもしれないけれども、、、、

「奥にエレベーターがあるよ」ってことなども、丁度来院していた雑誌の担当者の方のアドバイスを受け、即時反映してみました。

 毎日居ると当たり前のことでも、時々他者の目から見ての意見を取り入れるようにして、随時水が澱まぬよう、気を図りたいと思っております。
 ご意見、ご希望などありましたら、随時お伝えください!
posted by Orthodontist Hajime FURUKAWA at 14:19| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2015年10月01日

2015年10月の WhatsNew

2015/10/01 さわやかな季節になりましたね、、、と、窓を開けてみたらどんより曇り空
でも、過ごしやすい気温は助かります。

例年10月の内装はハロウィーン色となってしまっているイデアなんですが、今年のWhats Newを 記念に残しとこうかなとDSC06238.JPG

パズルのパッケージはディズニーのマイクロ1000ピース ジグソーですね。今年はレントゲン室に設置。
観察窓をふさぐと暗室になりますので、LEDブラックライトを準備しています。

Halloweenの文字はアロマ濃いんです いや、 アロマコインですね。
後ろの四角いかぼちゃは チロルチョコの特別パッケージ

このところ、季節ごとにチロルは特別パッケージを商品として出しているので、しばしば購入してしまっています。季節ネタで作ればイデアが購入すると誰かが上申したのか!もしかして!!

DSC08691.JPG
成城石井のイタリア産 ナポリタンチョコレートですが、 決してスパゲッティーのケチャップ味ではありません。ミルクとビターの2種類です。これ、トテモオイシイです。

DSC08687.JPG

それから、3D球体パズルのナイトメア ビフォー ハロウィーン です。受付ではソーラー回転台に乗せているので、全周みれます。以前、エッシャーのパズルモデルを赤と青両方作った覚えがありますが、今年はスタッフが2割、残り8割は先日いらしていた患者さんが作っていってくれましたね。

DSC06246.JPG

 待合室の本棚の上に置いた幾何学模様のキッチンマットはエッシャーの柄みたいでしょ。つい先日、武蔵小杉の駅ビル内でセールになっていたものです。
 左側のパズルはナイトメアビフォークリスマスの簡単なやつですが、今年は濃青のフレームで飾っています。以前は大きなアルミフレームの内側に黒い工作用紙をカットしてセットしていたものですね。
 右側の本は、先日発行された頼れるドクターの田園都市版DSC06231.JPG
いつもお世話になっている 橘こども歯科医院の鈴木先生やDSC06230.JPG
近くの中島歯科の中島先生も載っていましたのでDSC06228.JPG
「ドクター中島の世界制服」という本も出したうえでDSC06247.JPG
スタッフにイラスト入りのポップも書いてもらっちゃいました♪

これ、見て書いたといっても、すっごくうまいでしょう! 紙用マッキー24色セットで書いてくれてこの仕上がり。すばらしいとしか言いようがありませんね。DSC06229.JPG
ドクター中島は世界征服の専門学校に通ったから世界征服を目指したようですが、私たち歯科医師もやはり専門学校に通ったという点、まさに共通しています。DSC08692.JPG
受付のアロマディフューザーはアロマランプに入れ替えしました。手前のジャックオーランタンはナノブロックだね。ライティングテーブルは使い回しですが、ブロックは今年が初めてです。DSC08693.JPG
待合室のタワー型送風機の場所に空気清浄機が移動してますが、DSC08694.JPG
よくみると、こんなことに、、、

*********

あとは、以前からあったものが、配置換えでいろいろ出ていることでしょう。DSC06244.JPG
夕方から夜になると二ケ領用水のほうではコウモリが飛んでますね。畑も多い、自然があるし、ということなのでしょう。でも、ネットで二ケ領、コウモリで情報みようとおもったら、害虫駆除の情報が多く出ますね。
 春から夏の方がシーズンで増加するそうなので、今はメインの季節じゃないみたいです。DSC08695.JPG
その年によってバランスが変わっちゃうモビールDSC06249.JPG
恒例の秋書籍DSC06250.JPG
最近読んだ本の表紙の色

といったところで、秋のイデアでした 
皆さんの周りの秋はどんな形で近づいてきているのかな?
実り多い季節になると良いですね
posted by Orthodontist Hajime FURUKAWA at 12:38| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2015年08月26日

電話回線復旧のお知らせ 2015/08/25−1943〜2015/08/26-1030

昨日、夕方の4時50分から7時10分の時間帯で、NTTの光電話回線のどこかの端末が故障していたようです。

時間、やけに細かいなあと思うのは、丁度電車に乗るときの領収書に購入時刻が書いてあるからわかりました。

5時前にイデアを出る直前までネット回線に何も不具合無く、作業を進めていたのですが、外出して戻ってきてPCを立ち上げると右下の回線マークのところに黄色い三角印が?

今年の口蓋裂学会のときかな、タイミング悪くLANのHUBが故障したことがありましたので、まずはLANケーブルがきちんとつながっているかどうかを確認、HUBの再起動もしましたが、だめ。

ネットがつながらない。複数台のPCで確認。つながらない。復旧検索するも、誤ったDNSにつながっている可能性があるとの表示どまり。

しーかたないので、終端装置とルーターの再起動を実行DSC06222.JPG

案外、ルーターの再起動は時間がかかるもので、あせります。
1回目だめ 2回目は電源抜いて、かなり置いてから、再起動かけはじめました。DSC06218.JPG

光電話の場合、まず光ファイバーが終端装置に入って、そこからLANケーブルで電話モデム兼のルーターに入りますが、DSC06219.JPG

ここで、表示が出てません

そのため、下流のルーターの方でもDSC06220.JPG

PPPはネット回線の状況に応じて表示が点灯あるいは点滅するものですが、消灯状態でした

こうなると、電話の受話器をとっても「しーん」

携帯から病院に電話しても「しーーーん」という具合でした。

**********

さて、困ったもんだと思いつつ、NTT修理受付に連絡:留守番電話対応となっていましたが、19:43メッセージを残したところ19:53にコールバックをいただけました。

このときも、携帯持ってるからつながりますが、そうでなかったら、電話の不具合ってどうやって連絡したらいいんでしょうねえと 心配になりますね。便利に慣れすぎている。

電話では最初は端末装置の不具合について確認相談をしていましたが、同時に調査も開始されていたようで話の途中で「お客様、こちらのほうで回線の不具合が確認されました」と情報をいただきました。

では、修理したら、こっちの端末はそのままでいいのかもしれませんね?という問いに対してはYes で、ちょっと安心しました。

しかし、修理実行については「担当者がもういませんから、明日の9時5時の時間帯で作業です」とのこと。

ええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええ得えええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええ得ええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええ得ええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええ得ええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええ

↑ 「え」を押しっぱなしにしていると、なぜか一定間隔で勝手に「得」がはいるね。変換とかエンターおしてなくっても

どうしてー まだ8時前なのに、仕事しないの?!

私一人じゃなくって、他にも電話がつながらない人がいるって確認されたのに、そうなの???!!!

電話対応の方に残念の意はお伝えしましたが、組織での対応ですからやむをえない面もそりゃああるでしょう。

**********

この後では、携帯からイデアに電話すると
「おかけになった地域ではネットワーク機器が故障しているか、お客様の端末の不具合や、電源が入っていない可能性があります」みたいなメッセージが流れるようになりました。

ほう、このメッセージは完全自動ではないのかもしれませんね。

***********

その後、モバイルルーターと外出用のノートPCで簡単な作業は進めたのですが、やはりたくさんの作業を行うには不具合多し、、、効率が悪かったですね 特に画面が小さいということ、普段は2画面を利用していることから、非常に効率が悪かったです。

***********

回線が復旧したのは結局翌日と言うか、ついさっきの1030すぎ。 自分で気がついたのは1043 修理報告の電話が来たのは1048。

電話回線は上流の基地局から下流まで、いくつもの交換機を経由して届いている様子。

今回のトラブルは大きな基地局の中ではなく、マンションなどにまとめられている分配器のようなやくわりの交換機が故障していた。1台の機械で32回線を管理しているということで、他32名の方も困っていた可能性もありますね。DSC06223.JPG

まあ、端末機械の交換などする時には、設定のやりなおしが必要でもっと大変なんですが、なおったことはなおった。ルーターの表示ランプも点灯に戻りました。

電話も確認したし、ネットもこうやってUPできてます。

**********

お聞きした範囲ですと、交換機の不具合が基地局の中で大量に発生した場合には、アラームがなるように設定してあり、修理は24時間対応で行っているのだそうです。

しかし、小規模な不具合に対しては、アラーム信号が出ないこともあると。

今回は、「不具合が出ていて困っている」と夜の8時前に連絡。不具合に対応したくてもNTTの回線ですから、シロウトには何も出来ない状況。
24時間修理対応の人材も機械も所有しているのに、対応してもらえないということに対してはマニュアルですから仕方ないのでしょうが、少し腹立たしく思ってしまいました。

水や空気もそうなんですが、便利なものや平和に慣れすぎていて、少しでも不具合があると文句を言いたくなってしまいますが、本来は当たり前ではないのだということも、こういう機会に再認識しなきゃいけませんね。反省反省。

 学会抄録締め切りの日とか、ポスター印刷入稿日とかじゃなくってよかったですよー 

 そうおもうと、超ラッキー 楽しく今日を過ごすことにします!!!
posted by Orthodontist Hajime FURUKAWA at 12:04| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2015年04月27日

「頼れるドクター 横浜北・西Vol3」 巻頭「わが家のiDoctors紹介します」

 医療情報のポータルサイトはまさに星の数ほど存在していますね。人の生活に携わり不可欠な要素である医療機関の検索は数多く行われ、恒常性があることから検索数も多いのでしょう。アフィリエイトを目的としているような、他のポータルサイトの情報を、レイアウトだけ変えてそのままコピーペーストしているようなサイトも多く見かけます。

 また、実際の診療情報を反映せずに「最新の設備!最高の技術を提供します」と宣伝文句が大きく踊る広告も時折見かけます。実際に診療を行っている側からすると、「どうだ、すごいでしょう」と書いてある内容は、あまりにもあたりまえだったり、あるいは全く意味が無いこともあるのですが、なんだかWEBでかっこよく表示されると「なんだか、すごいのかもしれない」と思ってしまうのが一般の方々の感情なのでしょうか。
 
 旧来、医療と言う業種であれば広告などをすることなく、日々患者様に施術を行っていくことで、自然に経営も成り立っていくものであったと期待していたものですが、昨今は社会情勢の変化もあり、誇大広告まで見受けられてしまう状況には憂いを覚えます。
 駅看板などに医療機関が多く掲載されていますが、本来はそれは広告的意味ではなかったはずです。昔は患者さんが多く来ていて、広告を出す必要が無い医院でも看板を出していました。その理由のひとつとしては「国民が医療を受ける権利」を適切に得る為に、医療機関の存在を周知徹底するためのお手伝いです。今のように「スマホで検索」じゃなかったですからね。また、医院側としても「いまやってますか?」という問い合わせばかりで診療が障害されてしまっては、困ってしまうという面もあったからですね。
 なので、医療法においては看板に記載されるべき表示内容には一定の規制がありますし、それで本来は十分だったものでしょう。

*************

 しかし、昨今の都会部では医療施設が十分に行き渡り、患者さんの方で施設を選択する余裕も出てきました。そうなると、今度は「どんな先生なんだろうか」ということが気になってくるのも自然でしょう。距離的に通える病院が1つしかないなら、自然にそこに通院するでしょうが、10件も20件もあるのでしたら、そのうちの出来れば一番よい病院に通いたいものでしょう。

DSC06104.JPG
<頼れるドクター横浜北・西2015-2016 表紙とベイマックス ジグソーパズル>

 そんなとき、何を持って「よい病院」と考えるか、それは十人十色です。「予約が無くても行けばすぐ見てもらえる医療機関」はもちろん便利でしょうが、予約なしでも対応する為には、1回の施術が3分で終わらなければならないかもしれません。もし、先生と30分相談が必要なのであれば、やはり予約の重要性が出てくるでしょう。そうしなければ、自分の相談のために他の誰かが「待ち時間なし」のはずだったのに、「30分待ち」となってしまうからです。
 「自分だけのためにすべてが満足いく便利で最高な病院」というものは、少し考えたら存在するはずが無く、「自分が希望する医療の形」を得るには「それに対応した医院に自分を合わせる」ことも必要だということが想像つきますね。

DSC06097.JPG
<扉見開き:前略〜だれかにとってのベストなドクターが自分にとってのベストなドクターとは限らない、それぞれが信頼できるドクターに出会ってほしい〜中略〜皆さんのiDoctor選びの参考にしていただければ幸いです。 編集部一同 との言葉があります>

 ただ、実際に通ってみないと細かいところがわからないのも実情です。ひとりひとりの病状が違うのですから、医療機関側としても実際に通っていただかないと説明が出来ない面があるのも仕方ない、合うか合わないかをお約束することも出来ない、、、、でもそれももどかしい、、、そんな感じです。

 個人的にそう思っている中、医療施設の規模だけを紹介するのではなく、ドクターの個性を紹介したいというポータルサイトがありました。「ドクターズファイル」 http://doctorsfile.jp/ というサイトです。広告のみのポータルサイトですと、どうしてもクライアントを持ち上げる必要が出てしまうので偏った報道となってしまう懸念があります。実情と異なり技術や施設を過剰評価してしまいがちでしょう。
 しかし、ドクターズファイルの紹介文は費用広告ではなく、ドクターの生い立ち略歴や趣味などを中心に構成されていました。趣味や略歴くらいのことでは詐称もたかが知れてるでしょう。また、患者さんとしては興味があって聞いてみたいことでも、病院での診察中に急には質問しにくいかもしれないですね。

 「ドクター選びの一助となるならば」というサイトポリシーにも共感できましたし、近隣の信頼できる先生からの複数の紹介もあったことから、数年前に最初の医院取材を受けています。

 DSC06098.JPG
<1枚めくって目次のページ:巻頭のトピックが「iDoctorを見つけよう、紹介します」となってますね>

 このポータルサイトの情報を元に、地域にあわせて定期的に刊行されている情報誌が「頼れるドクター」というものです。自分にとって、ベストなドクターを見つけようというのが趣旨になっています。

 DSC06099.JPG
<次のページで、iDoctorを見つけよう です。読むと「確かに」と思うことが書いてありますね>

 この本では「自分にとって信頼できるドクター=iDoctrs」として、呼称していただいているようですが、細かく見ると「DOCTOR + S」で「ドクターズ」となっていますね。
 そうそう、自分も整形外科にも通いますが、内科にも、耳鼻科にもお世話になったことがあります。複数の科の先生方に助けてもらっているということもありますし、大きい施設ですと担当医が一人ではないこともあり、「+s」の複数形なんですね。

DSC06100.JPG
<巻頭記事の扉ですね。2件の医科と1件の歯科が紹介されていました>

 以前の掲載記事の反響や、アンケートなどからこちらのページでの掲載を依頼されました。照れる面もありますが、今回患者さんのご協力もいただけましたので、多少の参考となればとお手伝いさせていただきました。

 DSC06101.JPG
<イデアの紹介ページです。他にも通っている医院の簡単な紹介も乗っていますね。 「歯科(小児歯科):長男が虫歯治療で通い始めた小児歯科は、ママ友だちから評判が良かったので行ってみたのがきっかけ。ここの先生がイデア矯正歯科を紹介してくれました。」とあります>

 実際、自分の病院がどうやって患者さんに選ばれてきているのか、細かいところは聞いたことが無いものです。今回の患者さんへの取材は私が居ないところでお話をされていたので、本になってから「あー、そうなんですね。うんうん。あー、ありがとうございます」と独り言を言いながら読ませていただきました。ある程度はわかっているつもりでも、はっきりとは聞いたことのなかった患者さんの声の一つを紙面を通じて教えていただき、こちらとしても大変勉強になりました。

 DSC06106.JPG
<巻末ページの 発行元 : 株式会社ギミック で 書店だけでなくamazonでも購入できるそうです>
 
 参考に、自院についての紹介分を(ほぼ)そのまま転載させていただきます。
 出典元はもちろん上記の頼れるドクターです。他にもある患者さんコメントや、他の医院情報などについてご興味いただけましたら、購入も検討してみてくださいね!

 子どもにもママにも優しい場所
 今はスタッフ全員と仲良しです

 
 そろそろ長男の矯正治療を始めたいと思って、虫歯治療で通っている小児歯科のドクターに相談をしたところイデア矯正歯科を紹介していただきました。信頼しているドクターからの紹介でしたし、自宅からも近かったので一度足を運んでみることにしました。
 布留川先生は私と年齢が近いこともあり、とても話しやすく親しみの持てる先生でした。治療内容を論理的に説明してくれるところも良かったです。小児矯正にも力を注いでいるだけあり、キッズスペースには子どもが好きそうな本や遊具が置いてあって息子も大喜び。「さすが、子どもの心をつかんでる!」と感激しました。
 矯正治療は長期間の通院になりますから、相性の良い先生を選ぶことが重要。「この先生ならきっと大丈夫」と思えたので通院することに決めました。
 今では私が趣味の話もできるほど親身に接していただいてるのですが、そんな関係を築けたのは先生やスタッフの人柄のおかげだと思います。布留川先生は患者さんにアンケートで意見を聞いたり、自分からも積極的に話しかけてくださるんです。そんな先生の人柄は近所のママの間でも評判らしく、ここに来ると知り合いに会えるので安心します。その子の成長段階に合った歯磨き指導もしてくれるそうなので、これからもいろいろなことを相談していきたいと思います。
 
 困ったら信頼できるドクターや
 感覚の合うママ友に相談します


 同業者の評価が高いクリニックは信頼できると思うので、クリニックを探すときは自分が通っているクリニックのドクターに相談をすることが多いです。ママ友に紹介してもらうときは、看護師経験のある人や自分と感覚の似ている人からの意見も参考にしています。もちろん人に教えてもらうだけでなく、自分でもホームページなどでちゃんとリサーチしますよ。先生の人柄、経歴、院内設備などをチェックします。重篤な患者さんを診てきた実績のある先生だと、私は安心できるタイプかも。
 矯正治療のように長期間の通院になる場合は、自宅からの距離も重要です。特に男の子は飽きっぽいから、院内に楽しいおもちゃなどがあるといいですね。ドクターやスタッフと仲良くなるためには、自分から歩み寄ることも大切ですね。私の場合、院内に音楽が流れていたので、「自分の聞きたい曲もかけてもらえるのですか」とスタッフの方に話しかけたりもしました。
 良い関係を築けるよう自分からきっかけをつくってみるのも大事だと思います。

 DSC06102.JPG

 そうですか、そうなんですねえ。 かかるすべての医療機関で同じような対応をしなければならないということではありません。旅行先で怪我をしてしまったときなどは、救急対応の病院に行くのが当然ですし、病院得選びなどしている場合ではありませんよね。
 他方、歯科の中でも矯正治療に関しては病院選びが重要だと考えます。矯正治療は長期間かかるものですし、思い通りにならないことだってありますから、そういうときにやはり信頼できる関係であること、そのためには医療技術だけではなく、周辺環境もとても重要なのであるということを教えてくださっていると思います。
 
 写真撮影も面白いものですし、取材記事も「他人が自分をどう評価するのか」という一面でもあり、とても勉強になりました。この度は良い機会をお与えいただき、ありがとうございました。関係された皆様に感謝いたします。

 これからも患者さんからいろいろ教わりながら、楽しく治療に向かいたいと思っていますので、ご支援よろしくお願いします。

 
posted by Orthodontist Hajime FURUKAWA at 12:10| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2014年10月17日

「他人の褌で」ー くさやま矯正歯科&小児歯科 ご開業おめでとうございます そして感謝!

 神奈川県の秦野市に くさやま矯正歯科&小児歯科 http://kusayama-kyousei.jp/ が開院されました。

tana-141009-1.jpg

 院長は 草山 正臣せんせい 平成10年に長崎大学を卒業後、東京医科歯科大学歯科矯正学第二講座に入局(お知らせはがきより転載)された とてもおだやかな先生です。
 
 tana-141009-2.jpg

 矯正の医局は大人数なので、グループわけをして教育に携わっているのですが、草山先生は私と同じグループ(馬場班)に所属されていました。(おお、そういえば同時期に馬場班だったユスティナ先生はどうなさっているんだろうなあ? 知ってる先生いたら教えてください。)

 前に紹介させていただいたアイドリー矯正歯科さんも、小児歯科と矯正を専門として考えていらっしゃいましたが、やはりこれからの矯正専門医は「ブラケットで単なる歯並べしか出来ない歯医者」ではなく「こどもの成長発育を視野に入れた専門的矯正治療ができる医者」として地域医療に関わっていくべきなのだと思います。しかしながら、医院運営はとても難しいのが現状でしょう。通常の歯科矯正治療は保険が利かないものですし、難症例であるからといって利益率が高いわけではなく逆だからです。
 でも、高い山を登ろうという志や、上りながら時折振り返る景色は素晴らしいものであってほしいと願っていますので、どうぞがんばってください。ご開業おめでとうございます!!!

 *********************************

 と、間に入っている写真は、、、

 実はまだ医院訪問には行けてないのです。ちょっと遠いんですよね。で、紹介写真はどこからかというと、tana-kyousei で検索するとヒットする 長津田アオバ矯正歯科 http://www.tana-kyousei.jp/ の深田先生の医院ブログ 10月9日分から http://www.tana-kyousei.jp/blog/973 です。

 「他人の褌で」 失礼しました

 で、こちらのブログの 9月18日のページ http://www.tana-kyousei.jp/blog/date/2014/09/18 からですが 

 tana-141009-2.jpg

 四半世紀以上のつきあいとなる深田先生が、イデア矯正歯科の内装をご紹介してくださっています。

 tana-140924-2.jpg

 ちょうど、ハロウィーンの飾りが多いですが、、、ん? 

 私が今年9月27日にUPしている  http://idea88.sblo.jp/article/103927782.html ブログ写真とところどころ違うみたいですね。(写真が暗いのが多いのは、色調補正をしてないからだと思います)

tana-140924-3.jpg

 どうやら、去年の飾り付けみたいです。深田先生には医院開業の参考ならびにブログ記事用に暖めていただいていた様子です。ちょうどこの時期のUPになったので、昨年との対比が出来ました。偶然かもしれませんが、ドモアリガト。 
 深田先生のブログは以前スパムコメントが大量に届いてしまったことがあるそうで、今はコメント設定されていないそうなのでこちらでの記載となりました。

 深田先生の医院も「内装より機能を重視した」設計です。でも、機能を突き詰めていくと見た目もそれにあわさって良くなっていくというのは、よく新幹線の形などを例に言われることですね。

************

 最近のイデアでは、内装の大変更をしました。



それはなんと

DSC05740.JPG

この紙袋が

DSC05773.JPG

こちらの紙袋に変わったのです!!!

 先日イデアに来てくださった先生からいただいたお菓子の紙袋。そんなものまで再利用?って言われるかもしれませんが、丁度ディズニーデザインでしたし、とてもかわいいものでしたので。
 前のスヌーピーは確かSONY PLAZAの買い物袋でしたが、こちらはCOZY CORNERのものです。今月中ならGetできますので、良いなと思ったら駅前にGo!です。新城だけでなく武蔵中原にもあります。

 そんなイデアには医院見学は先生方だけでなく、小学生も来てくれたりしますね。学校の「職業インタビュー」で来てくれたときの質問で「はいしゃ何年やってるんですか?」と言うものがありました。

 イデアは今日で丁度7年目になります(感謝!!!!)が、矯正専門の歯科医師の道を歩き始めてからは20年以上となりますね。実際には大学受験を志したときから歯医者になることを考えていたのですから、実際にはもう6年の大学生活と、2年の高校受験勉強の時間をたせば28年はこの道なんだなあ、と、質問に答えながら考えていました。
 
 来週も日本矯正歯科学会の大会があり、参加予定です。ラウンドテーブルの1席にも演者として名前を入れていただいていますが、日々何を見ても、誰と話をしても、勉強だなあと思っています。誰が読むということもないものですが、支えてくれている皆様に感謝しつつ、今後もイデアのご支援をいただければと思います。 
 
posted by Orthodontist Hajime FURUKAWA at 09:59| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2014年09月27日

2014年10月のイデアをご紹介 

9月最後の週末、良い天気ですね。皆様はいかがお過ごしなのでしょう。
私は既に医院で診療の準備中、、、あと、学会の抄録読み中です。

さて、イデアは9月は特に院内装飾のイベントは行なっていませんでしたから、シンプルな内装でしたが、、、

すいません、10月はイベントです

まず、エレベーターを出て入り口ドアの横では DSC05741.JPG
鳴らないけれどもドアチャイムがお出迎え
(一軍レギュラー1、ああ、野球にたとえたらって思ってのメモです)

その向こうに見えているのはDSC05740.JPG
スヌーピーの紙袋。昨年はどこかにつるされていたかも。
(2軍から1軍へ)
張り出しの上に置いているだけなんですが、下の空気清浄機の吹き出しエアー圧で落ちてきません

その上ののぞき窓にはDSC05737.JPG
昨年はモンスターズユニバーシティ公開があったので、そのクリアパズルが出ていた場所です。
今年は向こう側から、逆にのぞいているのは マイク ですね。
外形としてはディズニーなのでミッキー型です。
(新人1)

待合室にはDSC05731.JPG
定番の光るジグソーですが、昨年とは場所が違います
(1軍レギュラー2)

パズルにのっている飾りに似せて、DSC05735.JPG

トランプをタコ糸で結んでぶら下げてみました
DSC05732.JPG

素材は再利用ながら、2軍から一軍にあがった感じがします。

待合室の壁にはモビールの影がDSC05730.JPG

もう、不動のクリーンナップですね
といっても、毎年つるす場所やライティングは違っています

DSC05727.JPG

写真ではわかりにくいですが、大小2組あります。
大きいほうは月がちゃんと欠けているのが、見分け方。


あと、本棚の中でひそかに待っているのが
DSC05726.JPG
どおもくんは、場所的には1軍から2軍になった感じです。

******

さ、まじめに診療に移りましょう

診療室では作業の邪魔にならぬよう、壁際ですがDSC05742.JPG
エアコンの風で丁度良い具合にふわふわ動いてくれます。狙ったみたいですが、ほんと偶然!でも必然♪
作ってくれたスタッフに感謝です。


あと、仕切り壁の上部にモビールでDSC05743.JPG
これもレギュラーだな

去年までのユニットごとのモビールや、壁装飾は今年はやめています。

******

治療後の受付ですが

DSC05748.JPG

幼児目線で下の方に ナイトメア ビフォア クリスマスのジグソーパズルです
小さめですが一軍に必要な選手、7−8番のイメージで

近寄ると

DSC05745.JPG
ピンクかぼちゃのスノーボールはそろそろ寿命の感じですね

それに対し、去年からの
DSC05747.JPG
スヌーピー こうもりスノーボールは高級感ありますね
これは選手って言うよりチアリーダーぐらいかなあ、応援団かな

カウンターの上には
DSC05723.JPG

キャンデーとカプセルが山盛りにDSC05749.JPG

これも良く見ると、、、DSC05722.JPG

キャンディーを噛むドライスカルです

カプセルの中はたとえばDSC05725.JPG
ハロウィーンのシールと、今年は妖怪ウォッチのシール、光るのも組みにして入ってますね。
今季限りの 外人選手かも



さらに新顔はDSC05718.JPG

動いていて見えませんか?DSC05720.JPG

トリック オア トリート と 書いてますね
この虫はまだ置き場所が準備されていないので、待機中です。

代打や代走で出番待ち

先月までの特集本を片したら場所が出来る予定なので。

そんな日当たりにいるおもちゃたちの影で、、、DSC05721.JPG
今年は日の目を見ないグッズですが、そのうち加工されてチャンスがあるでしょう。
また、載せ忘れた隠しキャラもいくつかあるかもしれません。日々発展し続けているイデアですので、、、
ただ、間違えた方向に行き過ぎないようにしないといけませんので、留意しつつ。

DSC05744.JPG


それでは、オバケタチが皆さんのお越しをお待ちしております。

念のためですが、スタッフは(私も含め)普段どおりの姿ですのでご安心ください。
posted by Orthodontist Hajime FURUKAWA at 08:37| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2014年08月15日

アイドリー矯正歯科 ご開業のお知らせ

 お盆休みの最中ですね 皆様いかがお過ごしでしょう
 今年は暦の関係もあり、診療予約が1週間以上あいてしまう状況です。帰省時や旅行先で装置の紛失や破損など無ければよいのですがと、毎年少し不安で過ごしています(でも、雑誌のタイトルみたいですが「心配してるほどのトラブルはそう起きない」もんです)。

 さて、そんな中、用があってメールを開いたら、本日知人の先生のご開業のお知らせをいただいておりましたので、急ぎご紹介させていただきます。

 まず、先生の名前ですが、 

 川島 成人 (かわしま しげと)先生

 日本大学の歯学部ご出身で、その後医局は小児歯科に在籍されていましたが、矯正の学会にも出席されており、顔見知りとなった「学会友達」の先輩先生です。

 小児の小下顎や無呼吸、舌運動を研究されていましたので、Tonsil(咽頭扁桃腺)のトレースなどを教えていただいたこともありました。

 その後、順天堂大学にも在籍され、このたび 神田駅前に「アイドリー矯正歯科」をご開業されたそうです。まだネットの検索ではホームページは出てきませんが、勤務先の一つであった長野市の「神津歯科クリニック」さんのHPから 平成26年8月9日がご開業であると掲載がありました。
 千代田区内神田3−22−4 花喜久ビル 4F 03-6206-4806 が連絡先となっております。

 小児からの矯正治療に関してはベテランの先生ですので、優しく指導をしてくださることと思いますので、お近くの方がいらっしゃいましたら、ぜひご相談のご予約をおとりください。

 以上、アイドリー矯正歯科 ご開業のお知らせでした。 

 川島先生!ご開業おめでとうございます。暑いけれどもがんばってください!!

 

 

 
posted by Orthodontist Hajime FURUKAWA at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2014年03月27日

4月24日(日)に「ミャンマー子供サポート」立ち上げ会が行なわれるそうです

このところ、雑談ばかりのブログで失礼しています。

 医療情報のUPについては悩むことが非常に多くあり、手が遅くなりがちです。
 自分が出来ることをUPしたとして、それが他の医院で出来ることとも限りません。知ることが悲しい結果につながることは双方にとって避けたい事柄です。
 あるいは、一般的技術の啓蒙を行なったとして、医療側には技術があったとしても、患者さんの持つ状況によっては望まれる結果が得られないことも多くあり、期待はずれに終わってしまうこともあるでしょう。
 などと悩みすぎていると、なかなか適切な情報の流布と言うのは難しいもので、とにかく来院して相談してみてくださいということになってしまう自分の力の無さに悩みます。

 と、悩んでいる自分が開業以来しばしばお世話になってきたのが、最寄で開業されているこいけ歯科医院さんの小池 匠先生です

koikesikamap.jpg

 地域での先輩としてはじめてお会いしたのですが、ときどきお昼時間にランチをごちそうになりながら、四方山話を伺ったり、当方の「つらいんですよ〜」的な話を聞き流してくださってメンタルサポートまでしていただいているかもしれません。交流範囲が広い先生で、いつも楽しい話+深い話もしてくださいます。
当院のスタッフもこちらでの治療のお世話になっているものがおります。

 access_map_pop1.jpg

 小池先生から、しばしば情報メールをいただくのですが、最近のお知らせをこちらでも掲載させていただきたいと思います。

 myanmar1.jpg

 昨年から小池先生はしばしばミャンマーにお出かけだったのですが、ミャンマーのこどもたちのために活動を始めるとのことで

 myanmar2.jpg

 2014年4月27日 日曜日 10:15〜11:45 で 立ち上げ会を行なわれるそうです。

 myanmar3.jpg
 
 この日、私は診療時間なので伺えないのですが、盛会となりますようせめての気持ちでこちらに小池先生の寄稿分をコピーペースト

 myanmar4.jpg

 会の活動はこの日だけではなく、これから始まるものですので、活動に賛同できるかたがいらっしゃったら、ぜひアクセスしてみていただけたらとおもいます。

 皆様

 以下ミャンマー人教員のためのサポート事業を立ち上げます。くわしくはホームページhttp://asiaone.jimdo.com/をご覧ください。ご参加お待ちしております。ミャンマーの教育現場は資金不足のために教育環境が整っていません。ミャンマー人医師、歯科医師にもサポートしてもらいながら子供達の教育環境を整えていこうと思っています。そのためには皆様のご協力が必要です。

**2015/09/10 追記 上記リンクが変わっています
http://myanmar-kyouiku.jimdo.com/


 
**********以下、寄稿文のコピーペーストです***********

2013年4月、川商会長、関西ミャンマー経済交流センター理事長川畑俊彦氏から、ミャンマーに行ってみないかと言う誘いを受け、行ったのが私とミャンマーとの出会いでした。ミャンマーの旧首都ヤンゴンが意外に発展しているのに驚きました。

一緒に同行した皆様は、企業家の方々で、経済特区にある工場見学やミャンマー人実業家との交流をし、ビジネスの話をしていました。

ミャンマーに行く前に、東京医科歯科大学の友人からヤンゴン歯科大学学長のテンチュウ先生を紹介され、ミャンマー滞在中に大学を見学させていただく約束をさせていただきました。しかし私がミャンマー滞在中、先生は日本にいたために見学はできませんでした。歯科医師の私は、サクラタワーで開業しているトントン先生に電話をかけ見学させていただくことにしました。トントン先生は東京医科歯科大学で5年間学ばれ日本語は堪能です。


トントン先生が、6月に日本にいらした際に2人の歯科医師とともに私の診療室にも見学に来られ、昼食を御一緒させていただきました。その際、8月にバガンと言う寺町にあるお寺に寄付しに行くので一緒に行かないかと誘われ、2度目のミャンマー旅行が実現しました。

バカンは、ヤンゴン市内とは裏腹に、地方は小学生が小学校を中退して仕事をしている現実がありました。何とかしなければならないと思いましたが、私の力ではどうすることもできませんでした。

ヤンゴン滞在中ヤンゴン歯科大学学長のテンチュウ先生がホテルまで迎えにいらしてくださり、ヤンゴン歯科大学を見学することができました。夜は教授陣数名とホテル内のレストランでシンガポール料理を御馳走していただきました。学長の月給が200ドルです。精いっぱいもてなしてくれたのがわかりました。


ヤンゴン歯科大学のテンチュウ先生を紹介してくれた歯科医師の伊藤祐嗣先生から、ヤンゴンの貧しい家庭の子弟が行く小学校の教員の給料1年分600ドルを負担してくれないかと言う依頼が、ミャンマー人医師ニーニー先生から伊藤先生の所に来ていることを聞き、2014年1月、ミャンマーに行った際に600ドルを寄付してきました。月給50ドルです。ロータリークラブから依頼された物資も運びました。この時ヤンゴン歯科大学テンチュウ先生に夕食会に招待され、ニーニー先生から中学校を作りたいとの計画を聞きました。いくらかかるか尋ねると16000ドル(日本円で160万円前後)ほどでした。何とかしてみようと思いました。


3月、再度、川畑俊彦会長、私の友人のチームスプリント銀メダリストの長塚智弘さんの3名でヤンゴン在住の元国連職員岩崎亨氏を訪問し、作家寺井融氏と現地で合流し、新ヤンゴン病院を見学してきました。


川畑俊彦氏が私の診療室の近くで高齢者サービス付き住宅をオープンし、歯科往診事業をお手伝いさせていただくことになることになり、歯科往診事業からの収益の10%と残金を運用し(Jリートの分配金と株の配当金)、全てをミャンマーの教員の支援に充てようと思っていました。最初は自分だけで、活動をおこなっていく予定でした。

 
***********以上 寄稿文コピペでした************
 
 
posted by Orthodontist Hajime FURUKAWA at 11:07| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ
記事の下部テキストです 日経平均株価は底値で、、、